Mercadian Masques Block

top > Block > Block Introduction

 Mercadian Masquesは、ラースを脱出したウェザーライト号が次に到着した異世界・メルカディアでの反乱戦争を描いたエキスパンションです。反乱軍はそのままRebelというクリーチャータイプとなり、さらにはデッキコンセプトをひとつ生み出すまでに至りました。バランス崩壊寸前だったUrza's Sagaブロックとのバランスをとるかのように、まったりのんびりしたエキスパンションブロックです。

●ブロック特有のルール
●ブロックの特徴
●有名なカード

●ブロック特有のルール

 Mercadian Masquesブロックに共通する特殊なルールは、以下の通りです。

・Fading(消散)

 これはNemesisにしか登場しない能力です。パーマネントに付随する能力で、Fading Xという書式で表されます。
 Fadingを持つパーマネントが場に出たとき、その上に個のfadingカウンターをのせます。
 コントローラーのアップキープ開始時に、Fadingを持つパーマネントからfadingカウンターを1個取り除かなくてはなりません。fadingカウンターがなく、取り除けない場合、このパーマネントを生け贄に捧げます。

 Fadingを持つパーマネントは、一般的には「時間制限付きの強力パーマネント」という考え方でデザインされています。1マナ2/3、2マナ2/2flying、4マナ5/5といった、コストパフォーマンスに優れたクリーチャーにはFadingがつけられてバランスをとっています。
 しかしそれとは別に、Fadingパーマネントの中には自身のfadingカウンターを取り除くことによって起動できる能力を持つものがあります。むしろFadingパーマネントの花形はこちらだと言っていいでしょう。


●ブロックの特徴

・Rebelの誕生
 Mercadian Masquesブロックで初登場したRebelとMercenary(まあ、MercenariesはIce Ageで既出ですけどね)というタイプのクリーチャーは、ライブラリから他のRebelやMercenaryを直接場に出すという起動型能力を有していました。とくにRebelは、最軽量の1マナのRebelから次々と連鎖的に上役を呼びだしていくことができるため、まったく手札の呪文を使わずに戦線を構築することが可能でした。このRebelデッキはMercadian Masques登場時から白ウィニーの新形態として考案されていましたが、NemesisでのLin Sivvi, Defiant Hero/果敢な勇士リン・シヴィーの登場によって一気に有力なトーナメントデッキのひとつに成長しました。Invasionブロック発売後は、カウンターを入れたRebelデッキが主流となったようです。

・中速・コントロール化の波
 Rishadan Port/リシャーダの港(MM)を有し、有力カードがどれも4マナ前後と重量級だったこの時代は、かつてない中速の時代でした。黒単コントロールという、聞き慣れない(現在ではどの環境でも当たり前に存在するデッキタイプですが)概念のデッキが登場したのもこの頃です。漢の代名詞とも言える赤単ですら、当時は赤茶単・Ponza Redといったコントロール色の強いものでした。その影響もあってか、様々な土地破壊デッキがトーナメントシーンを最もにぎわせたのもこの時代の特色と言えるでしょう。

・ピッチスペル復活
 Alliances人気のひとつであった、マナコストの代替支払いが可能な呪文、いわゆるピッチスペルが復活しました。ピッチの支払い方も、手札からカードを捨てたり、逆に場にある土地を手札に戻したり、クリーチャーをタップしたりと多種多様でした。


●有名なカード

○Rishadan Port/リシャーダの港(MM)
 土地
 (T):あなたのマナ・プールに無色のマナ1点を加える。
 (1), (T):土地1つを対象とし、それをタップする。

・初見でこのカードのポテンシャルに気づいた人はかなりの慧眼と言っていいでしょう。中速の時代にあって、相手の1マナを束縛できる――それも、土地ですからカウンターすらできません――このカードは、ほぼStrip Mine/露天鉱床(AQ)に匹敵する能力を持ち、そしてその凶悪な先達がたどったのと全く同じ道をなぞりました。すなわち、ほとんどあらゆるデッキに4枚投入され、その後に禁止指定を受けたのです(もっとも、こちらはブロック限定構築での禁止にとどまりましたが)。

 

○Misdirection/誤った指図(MM)
 (3)(U)(U) インスタント
 あなたはMisdirectionのマナ・コストを支払う代わりに、あなたの手札にある青のカードを1枚ゲームから取り除いてもよい。
 単一の対象を持つ呪文1つを対象とする。その呪文は、代わりに、別の対象を対象とする。

・Ice Ageで登場し、爆発的な人気を博しながら結局コストが重すぎて使われなかったDeflection/偏向が、なんとピッチスペルになって還ってきました。決まったときの獲得アドバンテージは折り紙付きなだけに、どんな時でも対象をねじ曲げられるこの呪文は非常に便利です。Mercadian Masquesブロックで登場した新ピッチスペルの中で唯一、本家Alliancesのそれを超える可能性のあるカードと言えるでしょう。

 

○Nether Spirit/冥界のスピリット(MM)
 (1)(B)(B) クリーチャー−Spirit 2/2
 あなたのアップキープの開始時、Nether Spiritがあなたの墓地にある唯一のクリーチャー・カードである場合には、あなたはNether Spiritを場に戻してもよい。

・墓地から復活型のクリーチャーの中でも、コントロール系のデッキに限定した場合は最も優秀なクリーチャー。なにしろ戻ってくるのにコストも条件もなしです。MM-INのスタンダード環境では、このクリーチャーのみを勝ち手段としたネザーゴーという非常にタイトな青黒のパーミッションが登場したほか、なんと青白のパーミッションにすら投入され(Fact or Fiction/嘘か真か(IN)などで墓地に落とすわけですね)、序盤の無限ブロッカー及び終盤のフィニッシャーとして活躍しました。

 

○Squee, Goblin Nabob/ゴブリンの太守スクイー(MM)
 (2)(R) クリーチャー−Goblin Legend 1/1
 あなたのアップキープの開始時、Squee, Goblin Nabobがあなたの墓地にある場合には、あなたはSquee, Goblin Nabobをあなたの手札に戻してもよい。

・ウェザーライト号の乗組員たちもApocalypseまでで全員余すところなくカード化されましたが、我らがスクイーはその乗員たちの中でも最も愛され、デッキで使用されているカードでしょう。ただしもちろん、クリーチャーとしてではなく、ですが。
 有名なSurvival of the Fittest/適者生存(TE)とのコンボによってNWOデッキを急発展させたのみならず、Masticore/マスティコア(UD)の安心な維持コスト、Bazaar of Baghdad(AN)とのコンボによる手札増量、Wild Mongel/野生の雑種犬(OD)の無限増強手段など、ありとあらゆるデッキで悪用され、墓地に叩き込まれては手札に戻されるという多難な人生を繰り返しています。

 

○Lin Sivvi, Defiant Hero/果敢な勇士リン・シヴィー(NE)
 (1)(W)(W) クリーチャー −Rebel Legend 1/3
 (X), (T):あなたのライブラリーの中から、点数で見たマナ・コストがX以下のRebelカードを1枚選んで、そのカードを場に出す。そのあと、あなたのライブラリーを切り直す。
 (3):あなたの墓地にあるRebelカード1枚を対象とし、それをあなたのライブラリーの一番下に置く。

・反乱軍の増援能力を決定づけた最強反乱兵。普通のRebelは3マナ支払って2マナ以下のRebel、4マナ支払って3マナ以下のRebel、というように、重いコストでひとつ上の上司しか呼び出せませんでしたが、Lin Sivviはさすが全軍のアイドル。どんなやつでも気軽に呼び出せ、さらには戦死者すらライブラリ経由で蘇らせることができます。彼女はまた、当時最も相手と鉢合わせしてしまう可能性の高いレジェンドであり(現在でもおそらくそうでしょう)、ミラーマッチ対策としてRebel Informer/反逆者の密告人(PY)という黒の(!)クリーチャーが投入されていることもありました。

 

○Tangle Wire/からみつく鉄線(NE)
 (3) アーティファクト
 Fading 4
 各プレイヤーのアップキープの開始時、そのプレイヤーは、Tangle Wireの上に置かれたfadingカウンター1個につき、自分がコントロールする、アンタップ状態のアーティファクト1個かアンタップ状態のクリーチャー1体かアンタップ状態の土地1つをタップする。

・M:tGにおいて、どんなデッキでも使え、どんなデッキ相手にどんな状況でも有効なカードというのは理想であり、またかなわぬ夢でもありますが、Tagle Wireはその理想に最も近いカードと言えるでしょう。わずか3マナのアーティファクトを出しただけで、次のターンの相手の使用可能なパーマネントが4つも減るのです。自分にもその締め付けは回ってきますが、fadingのカウンター減少を先に解決すればタップするパーマネントは3つで済みます。さらに、Tagle Wire自身もアーティファクトですからタップすることができ、単純にパーマネント数で2のアドバンテージが生まれます。土地破壊、軽量クリーチャー、爆発的なマナ加速など、様々な戦略と組み合わせて強烈な効果を生む、非常に面白いカードです。

 

○Seal of Cleansing/浄化の印章(NE)
 (1)(W) エンチャント(場)
 Seal of Cleansingを生け贄に捧げる:アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。

Nemesisで登場した5色のSealシリーズは、生け贄に捧げることによって、各色の基本的な呪文にある除去、増強、火力、バウンスなどの効果を得られるというエンチャントです。その中でも最重要なのが、Disenchant/解呪(基本版)のSealであるこのカードです。Sealには、手札を外部に保存しておく、マナをあらかじめ支払っておくことで動きのテンポをよくする、カウンターのタイミングを難しくする、といった利点がありますが、Seal of Cleansingを出した状態でエンチャントやアーティファクトを使ったコンボデッキなどと対戦してみれば、そのありがたみが痛感できるはずです。

 

○Parallax Wave/パララクスの波(NE)
 (2)(W)(W) エンチャント(場)
 Fading 5
 Parallax Waveの上からfadingカウンターを1個取り除く:クリーチャー1体を対象とする。Parallax Waveが場にある場合、そのクリーチャーをゲームから取り除く。
 Parallax Waveが場を離れたとき、各プレイヤーはParallax Waveによってゲームから取り除かれた、自分がオーナーであるカードをすべて場に戻す。

・きわめて強力な汎用クリーチャー除去。基本的には時間稼ぎですが、1枚のカードで2〜3体のクリーチャーを数ターン除外しておける能力は侮りがたいものがあります。自分のクリーチャーを守る手段にも使えるため、ノンクリーチャーデッキ相手でもそれほど無駄になりません。そしてまたこのカードは、Replenish/補充(UD)の強力なバックアップを得て、エンチャントのみをデッキの核としたまったく新しいデッキタイプを生み出しました。

 

○Parallax Tide/パララクスの潮流(NE)
 (2)(U)(U) エンチャント(場)
 Fading 5
 Parallax Tideの上からfadingカウンターを1個取り除く:土地1つを対象とする。Parallax Tideが場にある場合、その土地をゲームから取り除く。
 Parallax Tideが場を離れたとき、各プレイヤーはParallax Tideによってゲームから取り除かれた、自分がオーナーであるカードをすべて場に戻す。

・相手の動きを致命的に遅らせる妨害カード。上記のParallax Wave/パララクスの波(NE)と共に、新生Replenishデッキの核として、カウンターデッキなどに恐怖を与えました。また、Ankh of Mishra/ミシュラのアンク(基本版)とのコンボで多大なダメージを与えるアンクタイドと呼ばれるデッキもあります。

 

○Blastoderm/ブラストダーム(NE)
 (2)(G)(G) クリーチャー−Beast 5/5
 Fading 3
 Blastodermは呪文や能力の対象にならない。

・ビートダウンデッキにおいての、巨大なアンタッチャブルクリーチャーがいかに強力であるか。おそらく、Blastodermの登場以前には、それを実証するものはなかったはずです。Blastoderm以前でのアンタッチャブルクリーチャーというとMorphling/変異種(US)ですが、これはビートダウンでは用いられなかったため問題外です。かつてJolrael's Centaur/ジョルレイルのケンタウルス(MI)が2/2という小粒さですら活躍していたことを考えれば、環境を支配するほどのBlastodermのポテンシャルも予想してしかるべきだったかもしれませんが。

 

○Saproling Burst/はじける子嚢(NE)
 (4)(G) エンチャント(場)
 Fading 7
 Saproling Burstの上からfadingカウンター1個を取り除く:緑のSaprolingクリーチャー・トークンを1個場に出す。このトークンは「このクリーチャーのパワーとタフネスは、それぞれ、Saproling Burstの上に置かれているfadingカウンターの数に等しい」という能力を持つ。
 Saproling Burstが場を離れたとき、Saproling Burstによって場に出たトークンをすべて破壊する。それらは再生できない。

・ファッティを増産する恐るべきエンチャント。攻撃要員として使用する場合は3体を出すのが最も効率がよいとされます。攻撃力が分散するためブロックもしづらく、このカード1枚でのダメージ期待値は5マナのエンチャントとしては信じられないほどです。特に、Fires of Yavimaya/ヤヴィマヤの火(IN)によってhasteを得たトークンの突進は実に12点ダメージ、次のターンも9点ダメージと、たった1枚で人が死ぬ分厚さです。さらにPandemonium/伏魔殿(EX)とのコンボはClassic環境にまでも大きな影響を与えたReplenishデッキの最終形態であり、おそらく現在のM:tGでは最も安定した瞬殺手段でしょう。

 

○Chimeric Idol/キマイラ像(PY)
 (3) アーティファクト
 (0):あなたがコントロールするすべての土地をタップする。Chimeric Idolは、ターン終了時まで3/3のアーティファクト・クリーチャーになる。

・『史上最弱エキスパンション』と蔑まれるProphecyの中でも、「トップレア」と揶揄される優秀カードです(アンコモンなんですね、こいつは)。コストパフォーマンスもさることながら、ソーサリーのクリーチャー除去が効かないことも高ポイントでしょう。Poxデッキとの相性が抜群です。

Magic: The Gathering Copyright (c) by Wizards of the Coast, Inc. All rights reserved.
Since 2003.07.29 Link Free