Onslaught Block

top > Block > Block Introduction

 OnslaughtはOdysseyから連なるカマール・サーガの続編です。クローサの森に入り緑のレジェンドと化したカマールが、再び陰謀団との闘いに臨みます。ともかくクリーチャー偏重のエキスパンションであり、M:tGをクリーチャーの殴り合いという古来の形に戻そうというデザイナーチームの涙ぐましい努力が感じられるセットです。

●ブロック特有のルール
●ブロックの特徴
●有名なカード

●ブロック特有のルール

 Onslaughtブロックに登場する特殊なルールは、以下の通りです。

・Morph(変異)

 Morphは、クリーチャーのキーワード能力です。Morph (morphコスト)の書式で表されます。
 Morphを持つクリーチャーは、普通にマナコストを支払って召喚する他に、
不特定マナ(3)を支払って裏向きで召喚することができます。この裏向きのクリーチャーは、なんの能力も持たない無色2/2のクリーチャーとして扱います。カード名も、クリーチャータイプもありません。また、もしそのクリーチャーの呪文コストが問題になるときには、0として扱います。

 コントローラーは、自分の裏向きのクリーチャーのテキストを好きなときに確認することができます。また、場に裏向きのクリーチャーが複数いる場合、どの順番で場に出たかだけはすべてのプレイヤーに公開しなければいけません。
 また、クリーチャーが裏向きのまま場を離れたり打ち消されたりした場合、それをすべてのプレイヤーに公開して、確かにMorphを持っていることを証明しないといけません。

 コントローラーは、インスタントがプレイできるタイミングで、いつでも裏向きのクリーチャーを表返すことができます(これを俗にunmorphと呼びます)。unmorphするためには、その裏向きクリーチャーのmorphコストを支払う必要があります。
 unmorphは継続効果の一環であり、スタックに乗らずにただちに解決され、クリーチャーは表返って本来の姿に戻ります。これは、もともと場にいるクリーチャーが変化したという扱いになりますので、”場に出た”ときの能力は誘発しません。

 Morphの持つ意味は三つあります。
 一つは、コストの重いMorphクリーチャーを序盤で引いても無駄カードにならないということです。どんなに重いクリーチャーでも、Morphを持っていればとりあえず3マナ2/2として出せるのです。これは、特にリミテッドでは重要な考え方です。
 二つ目は、クリーチャーのコストの分割払いという面です。Morphクリーチャーの中には、morphコストが本来のマナコストより軽いものがいます(その代表が悪名高きExalted Angel/賛美されし天使(ON)です)。この場合、3マナを頭金として払った後にMorphコストを支払えば、普通より早く軽く場に出せることになります。総計で払ったマナは確かに本来のコストよりも高くなりますが、morphコストの支払いはインスタントタイミングで大丈夫ですので、特に序盤になんとしてもマナを残したいカウンターデッキなどでは便利です。
 三つ目は、これはLegionsからの登場になりますが、unmorphしたときに誘発する能力を持ったクリーチャーがいます。これはCIP能力の劣化版と見ていいでしょう。

・Cycling(サイクリング)

 Cyclingは、Urza's Sagaでも存在していた能力ですが、パワーアップして帰ってきました。
 Cycling:(cyclingコスト)の書式で表され、Cyclingを持つカードがあなたの手札にあるとき、cyclingコストを支払ってそのカードを捨てることにより、カードを1枚引けます。これは起動型能力であり、通常の起動型能力と同じようにインスタントとしてスタックに乗り、解決されます。
 Urza's SagaにおけるCyclingとの差異は、一つには(2)で統一されていたcyclingコストに様々なヴァリエイションが生まれたこと。もう一つは、Cyclingした時に派生する強力な副次能力を持つCyclingカードが多数存在することです。

・Provoke(挑発)

 Legionsで新登場したクリーチャーのキーワード能力です。Strongholdに収録されていた同名のカードと同じ能力で、相手のブロックを強制する効果を持ちます。ルール通り書くとこうなります。
 「Provokeを持つクリーチャーが攻撃に参加した場合、防御側プレイヤーがコントロールするクリーチャー1体を対象とする。『それをアンタップし、このターン、可能ならばそれはこのクリーチャーをブロックする』ことを選んでもよい」
 可能な限り、とある通り、たとえばProvokeを持つクリーチャーがflyingを持っていたとして、地上クリーチャーをいくらProvokeしてもなんの意味もありません。また、Provokeしたクリーチャーがブロック指定前にタップしたりすれば、やはりブロックは”不可能”です。つまり、召喚酔いの解けたタップ能力持ちクリーチャーはProvokeしても意味が薄いということになります。

・Amplify(増幅)

 Legionsで新登場したクリーチャーのキーワード能力です。Amplify Xの書式で表されます。
 Amplifyを持つクリーチャーが場に出る時、あなたはそのAmplifyクリーチャーと少なくとも1種類共通のクリーチャータイプを持つクリーチャーカードを、任意の枚数だけ手札から公開することができます。そうして公開したカード1枚につき、個の+1/+1カウンターをそのAmplifyクリーチャーに乗せます。

・Double strike(二段攻撃)

 Legionsで新登場したクリーチャーのキーワード能力です。といってもこれを持っているクリーチャーは2種しか存在しないのですが(涙)。
 Double strikeは、first strikeを持つクリーチャーがダメージを与えるタイミングと、普通のクリーチャーがダメージを与えるタイミングと、両方のタイミングで戦闘ダメージを与えます。つまり自身のパワーの2倍の戦闘ダメージを与えることにほぼ等しいのです。

・Land cycling(土地サイクリング)

 Scourgeで新登場した、サイクリングの亜種です。
 (基本地形タイプ) cycling:(cyclingコスト)の書式で表されます。つまり、Plains cycling、Island cycling、Swamp cycling、Mountain cycling、Forest cyclingの五種類が存在するというわけです。
 cyclingコストを支払ってそのカードを捨てることにより、Land cyclingを起動できます。普通のCyclingが単純にカードを1枚引くのに対して、Land cyclingは、指定された基本地形タイプの土地1枚を自分のライブラリから探し出し、開示した上で手札に加えます(もちろんその後ライブラリはシャフルします)。つまり、確実に土地を引けるCyclingというわけです。
 Land cyclingを持つカードは、Cyclingの一種と考えます。ですから、Cyclingで誘発する能力を誘発します。

・Storm(ストーム)

 Scourgeで新登場した、呪文に付随する強烈な誘発型能力です。
 Stormを持つ呪文がプレイされた場合、次のような能力が誘発します。
 ”このターン、これ以前にプレイされた呪文1つにつき、この呪文をコピーする。あなたはそのコピーの対象を新たに選んでもよい。”
 ――そのターン中にプレイされた呪文の数を確認するという、史上空前に面倒な能力です。
 たとえばBrain Freeze/思考停止(SC)がプレイされたとします。そのターン、それ以前にあなたがFrantic Search/大慌ての捜索(UL)とCounterspell/対抗呪文(基本版)を、対戦相手がLightning Bolt/稲妻(基本版)をプレイしていたとすると、以前にプレイされた呪文の数は3ですから、Brain Freeze/思考停止(SC)のコピーが3つスタックに乗ります。Brain Freeze/思考停止(SC)自身ももちろんスタックに乗るので、合計で4つ、12枚のカードをライブラリから削り落とすことができます。
 またStormは『呪文のプレイによって誘発する能力』であるため、非常にカウンターしづらいのも特徴です。プレイで誘発ということは、元の呪文を打ち消してもコピーは発生してしまうということです。


●ブロックの特徴

・クリーチャータイプ
 Onslaughtブロックでは、クリーチャータイプが様々なカードにおいて重要になってきます。たとえばSparksmith/火花鍛冶(ON)はタップ能力で場にいるゴブリンの数だけのダメージを飛ばしますし、Profane Prayers/不敬の祈り(ON)は場にいるクレリックの数だけのダメージを与えライフを得るという呪文です。また、青にはクリーチャータイプを変化させるクリーチャーが多数存在します。

・Cyclingの付随能力
 Cyclingした時に派生する副次能力がOnslaughtブロックでは非常に充実しています。この能力の利点は、もちろん手札が減らないこと、さらにカウンターされないことが挙げられます。

・クリーチャーの氾濫
 特に緑に顕著ですが、Onslaughtブロックではクリーチャーのサイズがとにかく大きく、コモンでもパワー・タフネス5や6が当たり前の世界です。また、Legionsは史上初のクリーチャーしか収録されていないエキスパンションセットであり、かつてのスリヴァーが復活するということもあり、さぞかし強力なクリーチャーが満載だろうと思われていました。が……(涙)

・重コスト優遇
 Scourgeによって、Onslaughtブロックの『大きいことはいいことだ』路線がこの上もなく愚直に明確化されました。Rush of Knowledge/流れ込む知識(SC)をはじめとする、コントロールしているパーマネントのコストの大きさに比例して効果が高くなる呪文。コスト6以上のクリーチャーを優遇するDragonクリーチャー・エンチャントシリーズなど。


●有名なカード

○Flooded Strand/溢れかえる岸辺(ON)
 土地
 (T), 1点のライフを支払う, Flooded Strandを生け贄に捧げる:あなたのライブラリから平地カードか島カードを1枚探し、それを場に出す。その後、あなたのライブラリを切り直す。
○Polluted Delta/汚染された三角州(ON)
 土地
 (T), 1点のライフを支払う, Polluted Deltaを生け贄に捧げる:あなたのライブラリから島カードか沼カードを1枚探し、それを場に出す。その後、あなたのライブラリを切り直す。
○Wooded Foothills/樹木茂る山麓(ON)
 土地
 (T), 1点のライフを支払う, Wooded Foothillsを生け贄に捧げる:あなたのライブラリから山カードか森カードを1枚探し、それを場に出す。その後、あなたのライブラリを切り直す。
○Bloodstained Mire/血染めのぬかるみ(ON)
 土地
 (T), 1点のライフを支払う, Bloodstained Mireを生け贄に捧げる:あなたのライブラリから沼カードか山カードを1枚探し、それを場に出す。その後、あなたのライブラリを切り直す。
○Windswept Heath/吹きさらしの荒野(ON)
 土地
 (T), 1点のライフを支払う, Windswept Heathを生け贄に捧げる:あなたのライブラリから平地カードか森カードを1枚探し、それを場に出す。その後、あなたのライブラリを切り直す。

 Mirageに収録されていたいわゆる”フェッチランド”が強力にパワーアップして復活しました。なにしろ普通にアンタップ状態で場に出てくるのですから1点ライフの支払いなど問題になりません。色マナを安定させるという本来の効果の他に、ライブラリから土地を減らしてドローを濃くする、リソースを消費せず墓地を増やす、簡単にライブラリをシャフルできるといったメリットもあります。デュアルランドを持ってくることも可能なため、Vintage環境ではさらに大きな影響力を持っています。

 

○Exalted Angel/賛美されし天使(ON)
 (4)(W)(W) クリーチャー―天使 4/5
 Flying
 Exalted Angelがダメージを与えるたび、あなたはその点数に等しいライフを得る。
 Morph (2)(W)(W)

 Onslaughtブロック環境を支配するであろう強力な天使。特に、デザイナーチームの意向によりスペルの弱体化が図られた結果、Onslaughtブロック限定構築ではほとんど対処するカードがないため、限定環境では禁止にすべきだと言われているほどのパワフルなクリーチャーです。3マナでひとまず場に出た後は4マナを支払っていつでも正体を現せるため、カウンターデッキの心強いフィニッシャーとしても活躍します。

 

○Astral Slide/霊体の地滑り(ON)
 (2)(W) エンチャント(場)
 いずれかのプレイヤーがカードをサイクリングするたび、あなたはクリーチャー1体を対象とし、それをゲームから取り除いてもよい。そうした場合、ターン終了時に、そのクリーチャーをオーナーのコントロールで場に戻す。

 サイクリングデッキの核をなすシステムカード。相手のクリーチャーを一時的に追放したり、自分のクリーチャーを除去から守るといった防御的な使い方から、CIP能力を使い回したり、安いコストで裏向きのクリーチャーを表にしたりと八面六臂。しかもこれらを手札を消費せずにやってのけるのです。
 2CHDでのサイクリングデッキは、Urza's Sagaブロックとの組み合わせがおすすめです。サイクリングカードがあるから、ではなく、Urza's Legacyに強力なCIP能力クリーチャーが多数収録されているからです。

 

○Lightning Rift/稲妻の裂け目(ON)
 (1)(r) エンチャント(場)
 いずれかのプレイヤーがカードをサイクリングするたび、あなたは(1)を支払ってもよい。そうした場合、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とし、Lightning Riftはそれに2点のダメージを与える。

 サイクリングデッキの主砲。スタンダード以外の広い環境ではむしろこちらの方がよく使われます。手札を消費せずにマナだけで2点ダメージが連射できるシステムはやはり魅力であり、Fluctuator/波動機(US)を使用した超高速サイクリングバーンなども考案されています。

 

○Naturalize/帰化(ON)
 (1)(G) インスタント
 エンチャント1つかアーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。

 つまり緑のDisenchant/解呪(基本版)です。コストも効果もまったくかわりません。地味ながら環境に与える影響ははかりしれず、これからの緑のサイドボードではよく見かける1枚となるでしょう。WotCデザイナーチームが行っている『色の役割分担の再考』を象徴する1枚であり、基本版皆勤レギュラーであったDisenchant/解呪(基本版)の座を蹴落として第八版に収録されています。

 

○Krosan Tusker/クローサの大牙獣(ON)
 (5)(G)(G) クリーチャー−ビースト 6/5
 Cycling (2)(G)
 あなたがKrosan Tuskerをサイクリングしたとき、あなたは「あなたのライブラリーから基本地形カードを1枚探し、それを公開してあなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す。」ことを選んでもよい。

 副次効果つきのサイクリングカードの中でも最も強力な1枚。なにせ手札が増えるのです。色マナが安定することの他に、クリーチャーであることから再利用がしやすいことも利点です。Genesis/起源(JU)とのコンボは、合計6マナかかりますが、カウンターがいっさい効かないために強力なドローエンジンになります。また、終盤では普通に戦闘要員として召喚してしまうこともまれにあります。

 

 

○Mind's Desire/精神の願望(SC)
 (4)(U)(U) ソーサリー
 あなたのライブラリーを切り直す。その後、あなたのライブラリーの一番上のカードを1枚、ゲームから取り除く。ターン終了時まで、あなたはそれを、マナ・コストを支払わずに手札にあるかのようにプレイしてよい。(マナ・コストにXが含まれる場合、Xは0である。)
 Storm

 Storm! そう、Stormです! Scourge発売前からタイプ1プレイヤーを騒がせていたこのカード、結局Scourgeがトーナメントリーガルになる前にタイプ1制限指定を喰らってしまいました。コスト0のマナアーティファクトを大量に有するタイプ1では、まあ、当然の措置と言えましょう。エクステンディドでもこのカードを使用した瞬殺コンボが考案されました。最初の一発をStorm4でプレイすれば、次のMind's Desire/精神の願望(SC)がめくれてコンボが回り出すと言われています。まだ未知数ではありますが、Storm呪文の中でも最もインパクトを持つものだというのは衆目の一致するところです。

Magic: The Gathering Copyright (c) by Wizards of the Coast, Inc. All rights reserved.
Since 2003.07.29 Link Free