Ravnica Block

top > Block > Block Introduction

 ラヴニカは、インベイジョンブロック以降取り上げられなかった「多色」をテーマとした ブロックです。インベイジョンブロックがそうであったように、多色ブロック特有の ハイレベルなパワーカードが多く、ド派手な戦いが出来るブロックです。


●ブロック特有のルール
●ブロックの特徴
●有名なカード

●ブロック特有のルール

 ラヴニカブロックに共通する特殊なルールは、以下の通りです。

・発掘/Dredge

発掘は黒緑ギルドであるゴルガリ団(The Golgari)の能力です。
発掘は「発掘(X)」と言う書式で表されており、 「あなたがカードを引く場合、代わりにあなたのライブラリーの一番上からちょうどX枚の カードをあなたの墓地においてもよい。そうした場合、このカードをあなたの墓地から あなたの手札に戻す。そうでない場合、カードを引く。」 を意味しています。

例えば《墓掘り甲のスカラベ/Grave-Shell Scarab》は発掘1を持っています。 ですのであなたがカードを引く場合、代わりに自分のライブラリーの一番上の カードを墓地に置き、このカードを墓地から手札に戻す事が出来るのです。

・召集/Convoke

召集は白緑ギルドであるセレズニア議事会(The Selesnya Conclave)の能力です。
「あなたがこの呪文をプレイする段階であなたがタップした各クリーチャーにつき、 この呪文のコストはそのクリーチャーの色のマナ1点か{1}少なくなる。」 を意味しています。

例えば《議事会の乗馬兵/Conclave Equenaut》は召集を持った(4)(W)(W)のカードですが、 あなたはこのカードをプレイする際に白のクリーチャーを2体タップし、(4)を支払う事で このカードをプレイする事が出来るのです。

・変成/Transmute

変成は青黒ギルドであるディミーア家(House Dimir)の能力です。
変成は「変成(X)」と言う書式で表されており、 「(X), このカードを捨てる:あなたのライブラリーからこのカードと 同じ点数で見たマナ・コストを持つカードを1枚探し、公開して手札に加える。 その後あなたのライブラリーを切り直す。ソーサリーとしてのみプレイできる。」 を意味しています。

例えば《幻の漂い/Drift of Phantasms》は変成(1)(U)(U)を持つ3マナのクリーチャーですが、 あなたは(1)(U)(U)を支払い、このカードを手札から捨てる事で、あなたのライブラリーから コストが3のカードを探し、それを手札に加える事が出来るのです。

・光輝/Radiance

光輝は白赤ギルドであるボロス軍(Boros Legion)の能力です。
光輝はキーワード能力ではなく、能力語(注)です。
光輝を持つカードは、対象とするカードと、そのカードと同じ色を持つ 全ての同種カードに対して効果を発揮します。

例えば《浄化の光線/Cleansing Beam》と言うカードは、対象のクリーチャーと、 そのクリーチャーと同じ色を持つ全てのクリーチャーに2点のダメージを与えるのです。

・狂喜/Bloodthirst

狂喜は赤緑ギルドであるグルール一族(The Gruul Clans)の能力です。
狂喜は「狂喜(X)」の書式で表されており、 「このターン、いずれかの対戦相手にダメージが与えられている場合、 このクリーチャーは+1/+1カウンターがX個置かれた状態で場に出る」 を意味しています。

例えば《ゴーア族の野人/Ghor-Clan Savage》は狂喜3を持つ2/3のクリーチャーですが、 対戦相手にダメージを与えたターンに召還すればなんと5/6になるのです。

・複製/Replicate

複製は青赤ギルドであるイゼット団(The Izzet)の能力です。
複製は「複製(X)」の書式で表されており、 「あなたがこの呪文をプレイするとき、あなたが複製コストを支払った回数に 等しい数だけそれをコピーする。あなたはそのコピーの新しい対象を選んでもよい。」 を意味しています。

例えば《破壊放題/Shattering Spree》は複製(R)を持つソーサリーですが、 あなたはこのカードをプレイする際の追加コストとして、(R)を好きな回数だけ支払い、 支払った回数分だけこのカードをコピーする事が出来るのです。

・憑依/Haunt

憑依は白黒ギルドであるオルゾフ組(The Orzhov Syndicate)の能力です。
「この呪文カードが解決後にいずれかの墓地に置かれたとき、 クリーチャー1体を対象とする。このカードをそれに憑依させた状態でゲームから取り除く。」 を意味します。

憑依を持つカードは全て「場に出た時」と「憑依したクリーチャーが場から墓地に置かれた時」の 両方で誘発する能力を持っています。例えば《盲目の狩人/Blind Hunter》の場合、 両方のタイミングで対戦相手から2点のライフを吸収する事が出来るのです。

・予見/Forecast

 予見は白青ギルドであるアゾリウス評議会(The Azorius Senate)の能力です。
自分のアップキープ時にコストを払い手札から予見を持つカードを公開することでカードに書かれている効果が起こります。 公開したカードはアップキープステップが終了するか手札から領域が移動するまで公開したままです。同じカードで複数回能力を起動することはできません。


・移植/Graft

 移植は緑青ギルドであるシミック連合(The Simic Combine)の能力です。

移植はクリーチャーの+1/+1カウンターを、場に出た新たなクリーチャーに寄付する能力です。 指定された個数の+1/+1カウンターが置かれた状態で場に出てきて、他のクリーチャーが出るたびに このパーマネントの上の+1/+1カウンターを1個、そのクリーチャーの上に移動させることができます。 移植は対象を持ちませんのでプロテクション持ちや対象を取られない生物に移動させることも可能です。


・暴勇/Hellbent

 暴勇は赤黒ギルドであるラクドス教団(The Cult of Rakdos)の能力です。
暴勇はコントローラの手札にカードが無いときに強くなることを示す能力語です。 手札が無いとき、カードに書かれている状態や効果になります。


・ハイブリット

こちらはまず画像をみていただきましょう。 ラヴニカブロックではハイブリットマナと言う概念が登場しました。
ハイブリットマナとは(W/R)のように表されており、(W)か(R)のどちらかで支払う事が出来ます。
例えば《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》のコストは(W/G)(W/G)なので、 (W)(W)、(W)(G)、(G)(G)の三通りのマナでプレイする事が出来るのです。

・向上呪文

ラヴニカブロックでは単色のカードでありながら、そのギルドの片割れである色の マナを支払っている場合に能力が強化されるカードが存在し、それらを向上カードと呼びます。 例えば《夜の飾り紐/Ribbons of Night》は4Bのカードですが、これをプレイするために 青マナを支払っていた場合、カードを1枚引けると言う特典がつきます。

 


●ブロックの特徴

ラヴニカブロックでは2色の組み合わせ10種類がそれぞれギルドを形成しており、 それぞれのギルドが固有の特殊能力を持っています。

・10のギルド
 ラヴニカブロックでは有効色と対抗色が同等に扱われており、 全10種の組み合わせ全てがそれぞれのギルドを形成しています。 各ギルドの色と登場セットは以下の通りです。

白青 アゾリウス評議会  ディセンション
白黒 オルゾフ組  ギルドパクト
白赤 ボロス軍  ラヴニカ
白緑 セレズニア議事会  ラヴニカ
青黒 ディミーア家  ラヴニカ
青赤 イゼット団  ギルドパクト
青緑 シミック団  ディセンション
黒赤 ラクドス教団  ディセンション
黒緑 ゴルガリ団  ラヴニカ
赤緑 グルール族  ギルドパクト

 


●有名なカード

○新デュアルランド
ラヴニカブロックにはあのデュアルランドを彷彿とさせる下記のような10種類の土地があります。

《寺院の庭/Temple Garden》
土地 − 平地・森
(T:あなたのマナ・プールに(W)か(G)を加える。)
寺院の庭が場に出る際に、あなたは2点のライフを支払っても良い。 そうしない場合、寺院の庭はタップ状態で場に出る。

これまで登場した二色地形の中でも抜群に使いやすく、 オリジナルのデュアルランドを除けば恐らく最高の二色地形と言えるでしょう。

 

《信仰の足枷/Faith's Fetters》
3W エンチャント−オーラ
エンチャント(パーマネント)
信仰の足枷が場に出た時、あなたは4点のライフを得る。
エンチャントされているパーマネントはマナ能力でない起動型能力をプレイ出来ない。
エンチャントされているパーマネントがクリーチャーである場合、 それは攻撃にもブロックにも参加出来ない。

歴代でも最強レベルの《平和な心/Pacifism》です。
起動型能力も封じられる上に、なんとクリーチャー以外に付ける事も可能です。
《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》や《対立/Opposition》と言ったカードにプレイする事で ほぼ完全にそのカードを除去した事になります。
さらに4点回復のオマケもコントロールデッキにとって有難いものです。

 

《差し戻し/Remand》
1U インスタント
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
それが打ち消された場合、それを墓地に置く代わりに、オーナーの手札に戻す。
カードを1枚引く。

《記憶の欠落/Memory Lapse》を彷彿とさせるカードです。
一時的な時間稼ぎにしかならないものの、得られるテンポアドバンテージは凄まじく、 ビートダウン・コントロール双方でカードアドバンテージを失わずに 時間を稼ぐ手段として多用されています。

 

《闇の腹心/Dark Confidant》
1B クリーチャー 人間・ウィザード 2/1
あなたのアップキープ開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。
それをあなたの手札に加え、その点数で見たマナ・コストに等しい値のライフを失う。

毎年行われるマジック・インビテーショナルで優勝したボブ・マーハーがデザインしたカードです。
2マナ2/1と言うラインをクリアーしつつ、毎ターンカードアドバンテージを稼ぐ姿は 凄まじく、レガシーやエクステンデッドでも広く使われています。

 

《ブリキ通りの悪党/Tin Street Hooligan》
1R クリーチャー ゴブリン・ならず者 2/1
ブリキ通りの悪党をプレイするために(G)が支払われていた場合、 ブリキ通りの悪党が場に出た時、アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。

なんと《ウークタビー・オランウータン/Uktabi Orangutan》が2マナになってしまいました。
しかも壊す対象が無い場合や、自分だけアーティファクトをコントロールしている場合は コストを調整する事で被害を回避する事も出来ます。

 

《破壊放題/Shattering Spree》
R ソーサリー
複製(R)
アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。

歴代のアーティファクト破壊カードの中でも最上位に位置するカードです。
基本コストR、複製コストRと言う事は、赤マナを支払った分だけアーティファクトを壊せる と言う事を意味しており、親和デッキ等のアーティファクト多用デッキにとって死を意味します。
しかもコピーを生み出すためにカウンター呪文への耐性も非常に高く、 フォーマットを問わず使われる事は間違いないでしょう。

 

《制圧の輝き/Glare of Subdual》
2WG エンチャント
あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャー1体をタップする:クリーチャー1体か アーティファクト1つを対象とし、それをタップする。

《対立/Opposition》の下位互換カードですが、セレズニア議事会はトークンを生み出す事に 長けているため、恐ろしいまでの制圧力を誇ります。

 

《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》
2WG クリーチャー 象・クレリック 4/4
ロクソドンの教主が場に出た時、あなたは4点のライフを得る。
(W)(G)、ロクソドンの教主を生贄に捧げる:あなたのコントロールする全てのクリーチャーを再生する。

4マナ4/4と言うパフォーマンスを誇りながら、さらに2つも能力を持っています。 レアパワーのなんたるかを体現しているようなカードと言えるでしょう。

 

《番狼/Watchwolf》
WG クリーチャー 狼 3/3

なんと2マナ3/3がデメリット無しで登場してしまいました。
序盤における突進力は凶悪の一言につき、ZOOと言う白赤緑ビートダウンの主力となっています。

 

《不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable》
UB ソーサリー
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分のライブラリーのカードを 上から10枚自分の墓地に置く。

わずか2マナでライブラリーの1/6を墓地に落とす脅威のソーサリーです。
《双つ術/Twincast》等でコピーすればあっというまに相手のライブラリーが空になります。

 

《稲妻のらせん/Lightning Helix》
WR インスタント
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。稲妻のらせんはそれに3点のダメージを与える。 あなたは3点のライフを得る。

シンプルかつ強力。サラッとすごい事が書いてあります。
《生命吸収/Drain Life》が5マナをかけてソーサリータイミングで行っている事を このカードはわずか2マナで、それもインスタントタイミングで実現します。

 

《炎まといの天使/Firemane Angel》
3WWR クリーチャー 天使 4/3
飛行 先制攻撃
あなたのアップキープ開始時に、炎まといの天使があなたの墓地か場にいる場合、 あなたは1点のライフを得る。
6WWRR:あなたの墓地にある炎まといの天使を場に戻す。この能力は あなたのアップキープの間にしかプレイできない。

《ボガーダンの鎚/Hammer of Bogardan》に代表される再利用カードが強力である事は 周知の事実なのですが、回収できるマナが揃うまでに時間がかかるのが難点でした。
ところがこの天使は墓地にいる間ですら毎ターン1点のライフを恵んでくれます。
さらに回収コストを支払うと手札に戻るカードが殆どなのに対し、 この天使は直接場に舞い戻ってきます。

 

《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》
1WR クリーチャー 人間・騎士 2/2
飛行 速攻

その昔、《スークアタの槍騎兵/Suq'Ata Lancer》と言うカードがありました。
3マナ2/2速攻に側面攻撃がついていて、ブロックされにくいアタッカーとして大活躍しました。
このカードはその最新機種です。3マナ2/2飛行と言うだけで及第点のはずなのに、 なぜか速攻までついています。

 

《墓掘り甲のスカラベ/Grave-Shell Scarab》
2BGG クリーチャー 昆虫 4/4
発掘1
(1)、墓掘り甲のスカラベを生贄に捧げる:カードを1枚引く。

発掘持ちカードの中でも最強クラスのカードです。
これ自身の能力によってカードを引く場合でも発掘が使えるため、 事実上1マナを支払うだけで手札に戻る5マナ4/4と言えます。

 

《化膿/Putrefy》
1BG インスタント
アーティファクト1つかクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
それは再生できない。

《終止/Terminate》と《酸化/Oxidize》がセットになりました。
・・・あまりにあんまりな能力なので呆然としてしまいますが、見た目通りの強さですw
黒緑のデッキでこれを入れない理由は皆無と言っていいでしょう。

 

《炎樹族のシャーマン/Burning-Tree Shaman》
1RG クリーチャー ケンタウルス 3/4
いずれかのプレイヤーがマナ能力でない起動型能力をプレイするたび、 炎樹族のシャーマンはそのプレイヤーに1点のダメージを与える。

グルールの凶暴さを体現しているカードその1。
3マナ3/4と言うだけでおかしいサイズなのですが、能力がまた異常に強い。
《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を装備して1点、カウンター取り除いて1点。
《赤の防御円/Circle of Protection: Red》を起動して1点。
《対立/Opposition》を起動して1点。《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》を回して1点。
《Kjeldoran Outpost(AL)》でトークンを出すのにも1点。
気づけば火力の射程内。

 

《喧騒の貧霊/Rumbling Slum》
1RGG クリーチャー エレメンタル 5/5
あなたのアップキープ開始時に、喧騒の貧霊は各プレイヤーに1点のダメージを与える。

グルールの凶暴さを体現しているカードその2。
その昔、《Juzam Djinn(AN)》と言うカードがありましたが、 どうやらウィザーズ社はそれでは弱すぎると判断した模様です。
4マナ5/5と言うサイズを持ちながら、毎ターン相手にダメージを飛ばしてきます。
気づけば火力の射程内。

 

《火想者ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, the Firemind》
2UURR 伝説のクリーチャー ドラゴン・ウィザード 4/4
飛行
あなたがカードを引くたび、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。
火想者ニヴ=ミゼットはそれに1点のダメージを与える。
T:カードを1枚引く。

イゼット団の長であり、歴代最強のティムでもあります。
このティム能力はどんなドローでも誘発するので、通常ドローでまず1点、 これ自身の能力を使ってもう1点。都合2点は最低でも保障されている訳です。
さらになんらかの効果でカードを3枚引けば、この能力が3回誘発します。
合計3点のダメージを好きなように振り分けられるのです。
これぞギルドの長、と言った所でしょうか。

 

《電解/Electrolyze》
1UR インスタント
最大2体までのクリーチャーかプレイヤー(それらの組み合わせでも良い)を対象とする。
電解はそれらに、合計2点のダメージをあなたが望むように振り分けて与える。
カードを1枚引く。

《火+氷/Fire/Ice》が合体して1つのカードになったようなカードです。
3マナ2点火力なのでやや威力は心もとない感じですが、カードアドバンテージを 様々な角度から取る事が可能なため、とても汎用性の高いカードです。

 

《絶望の天使/Angel of Despair》
3WWBB クリーチャー 天使 5/5
飛行
絶望の天使が場に出た時、パーマネント1つを対象とし、それを破壊する。
なんと5/5飛行に《名誉回復/Vindicate》がセットされてしまいました。
7マナと重いものの、その強さたるや凄まじく、オルゾフコントロールのフィニッシャーとして 重宝される存在となっています。

 

《屈辱/Mortify》
1WB インスタント
クリーチャー1体かエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。

《化膿/Putrefy》と対をなすカードです。
こちらは再生こそ出来ないものの、その強さは折り紙つきです。
こちらもやはりオルゾフを選んでいる限り入れない理由がありません。

 

《糾弾/Condemn》
白 インスタント
攻撃に参加しているクリーチャー1体を対象とし、それをそのオーナーのライブラリーの一番下に置く。そのコントローラーは、そのタフネスに等しい値のライフを得る。
かの有名な《剣を鍬に/Swords to Plowshares》の亜種はこれまでにも数多く作られてきましたが、その中でも最も強力でオリジナルに近い物がこれです。ライブラリーの一番下に送る事は実質的にゲームから取り除く事とほぼ同義なので、攻撃クリーチャーに限定される事を除けばほぼオリジナルと変わらない事になります。

 

《呪文嵌め/Spell Snare》
青 インスタント
点数で見たマナ・コストが2である呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
ここ5年程のマジックでは1マナカードの強さが抑えられる傾向にあり、ビートダウン・コントロール共に2マナ以上のカードが中心となっています。また、2マナのカードにはマストカウンターである物も多数存在するため、あの《魔力の乱れ/Force Spike》をも超えた最強の1マナカウンターであると見る人も多数存在するほどの強力カードです。

 

《粘体マンタ/Plaxmanta》
1青 クリーチャー ビースト 2/2
瞬速
粘体マンタが場に出たとき、このターン、あなたがコントロールするクリーチャーは呪文や能力の対象にならない。 粘体マンタが場に出たとき、それをプレイするために緑が支払われていない限り、それを生け贄に捧げる。
実質的なマナ・コストは青緑で、殆どの場合は相手の除去に対応する形でプレイし、結果的に除去をカウンターしつつ2点クロックを追加すると言った形で使用されます。シミック・カラー限定ながら、相手の除去を避けつつ戦力を追加出来るのは非常に便利です。

 

《宮廷の軽騎兵/Court Hussar》
2青 クリーチャー ヴィダルケン・騎士 1/3
警戒
宮廷の軽騎兵が場に出たとき、あなたのライブラリーのカードを上から3枚見る。その後、それらのうちの1枚をあなたの手札に加え、残りをあなたのライブラリーの一番下に好きな順番で置く。 宮廷の軽騎兵が場に出たとき、それをプレイするために白が支払われていない限り、それを生け贄に捧げる。 1/3
こちらはアゾリウス限定のクリーチャーで、良質のブロッカーを出しながら擬似《衝動/Impulse》がオマケに付いて来ると言うコントロール向けのカードです。殆どのウィニークリーチャーを止める事が出来るため、突破するためには除去を使わざるをえず、カードアドバンテージとテンポアドバンテージを得やすい優秀なカードとなっています。

 

《冥府の教示者/Infernal Tutor》
1黒 ソーサリー
あなたの手札からカードを1枚公開する。あなたのライブラリーから、そのカードと同じ名前のカードを1枚探し、それを公開した上であなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す。 暴勇 ― あなたの手札にカードがない場合、代わりにあなたのライブラリーからカードを1枚探し、それをあなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す。
なんとあの《Demonic Tutor》が帰ってきました。手札が無い時限定ではあるものの、わずか2マナで好きなカードをサーチ出来ると言うのは非常に強力で、特にレガシー環境等の世界で新しいコンボデッキを生み出す事となりました。

 

《悪魔火/Demonfire》
X赤 ソーサリー
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。悪魔火はそれにX点のダメージを与える。このターン、この方法でダメージを与えられたクリーチャーが墓地に置かれる場合、代わりにそれをゲームから取り除く。 暴勇 ― あなたの手札にカードがない場合、悪魔火は呪文や能力によっては打ち消されず、そのダメージは軽減されない。
インベイジョンを代表するカードである《ウルザの激怒/Urza's Rage》がパワーアップして帰ってきました。普通にプレイしても十分に強力なカードですが、暴勇状態時の問答無用さは筆舌に尽くしがたい物があります。赤青ウルザトロンのフィニッシャーとして、ビートダウンの最後の一押しとして、よく使われているカードです。

 

《シミックの空呑み/Simic Sky Swallower》
5青緑 クリーチャー リバイアサン 6/6
飛行、トランプル
シミックの空呑みは呪文や能力の対象にならない。

シンプルにして強力無比。それが《シミックの空呑み/Simic Sky Swallower》です。殆どの除去が利かず、接触戦闘においてもほぼ無敵なこのカードは、スタンダードのみならず、ヴィンテージにおいても大空を支配しています。

 

《三角エイの捕食者/Trygon Predator》
1青緑 クリーチャー ビースト 2/3
飛行
三角エイの捕食者がプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーがコントロールするアーティファクト1つかエンチャント1つを対象とする。あなたはそれを破壊してもよい。
派手さこそ無いですが、堅実なコストとサイズで確実な仕事をしてくれる燻し銀なクリーチャーです。単なる2/3飛行と考えても十分及第点ですが、アーティファクトやエンチャントを多用するデッキ相手では無類の強さを誇ります。

 

《罪+罰/Crime+Punishment》
罪 3白黒 ソーサリー
いずれかの対戦相手の墓地にあるクリーチャー・カード1枚かエンチャント・カード1枚を対象とし、それをあなたのコントロールの下で場に出す。

罰 X黒緑 ソーサリー
点数で見たマナ・コストがXである、各アーティファクトと各クリーチャーと各エンチャントを破壊する。

今回登場したマルチカラー・ハイブリットカードの中でも非常に便利な1枚です。罰の方は《虚空/Void》に近い感覚でプレイ出来る大量破壊カードで、除去する対象が居ない場合は罪で相手のフィニッシャーを頂く事も出来ます。

 

《隆盛+下落/Rise+Fall》
隆盛 青黒 ソーサリー
いずれかの墓地にあるクリーチャー・カード1枚と場に出ているクリーチャー1体を対象とし、それらをそのオーナーの手札に戻す。

下落 黒赤 ソーサリー
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札のカードを2枚、無作為に公開する。その後、この方法で公開した土地ではない各カードを捨てる。

あの《Hymn to Tourach》に良く似たカードで、基本的には下落としてプレイします。土地こそ落とせないものの、やはりランダム2ディスカードと言うのは非常に強力です。

Magic: The Gathering Copyright (c) by Wizards of the Coast, Inc. All rights reserved.
Since 2003.07.29 Link Free