Tempset Block

top > Block > Block Introduction

 Tempestは、はじめて舞台をドミニアの外に移し、”荒廃の王”と呼ばれるプレインズウォーカーが支配する平行世界ラースでの闘いを描いています。新能力であるShadowは、その異形の世界の特徴を端的に表しています。コストが軽く強力な呪文が多数収録され、この頃から基本版よりもエキスパンションセットのカードの方が強力であるという現在の傾向が固まりはじめました。M:tGの歴史の中でも、最も人気のあるセットです。

●ブロック特有のルール
●ブロックの特徴
●有名なカード

●ブロック特有のルール

 Tempsetブロックに共通する特殊なルールは、以下の通りです。

・Shadow(シャドー)

 Shadowは、クリーチャーのキーワード能力です。
 これはきわめてシンプルな能力です。
 Shadowを持たないクリーチャーは、Shadowを持つクリーチャーをブロックできません。
 Shadowを持つクリーチャーは、Shadowを持たないクリーチャーをブロックできません。
 flyingとよく似ていますが、自分のブロックにも制限がかかるというデメリットがある点がflyingとは違います。
Shadowは純粋な利点とは言えないのです。

 結果、Shadowを持つクリーチャーは非常に優れたコストパフォーマンスを持っています。2マナでパワー2のShadowクリーチャーが白と黒にそろっており、それぞれのウィニーデッキ全盛期を築き上げました。
 Shadowは純粋な利点とは言えない、と前述しましたが、速攻デッキにおいては「ブロックされない」というメリットに比べれば「ブロックできない」デメリットなどまったく問題にならないのです。

・Buyback(バイバック)

 Buybackは、使用した呪文を墓地に置くかわりに手札に戻すことができる能力です。
 Buyback buybackコストの書式で表されます。
 Buybackを持つ呪文をプレイした場合、本来のコストに加えてbuybackコストを支払うことができます。そうした場合、その呪文が解決した後に、呪文カードを手札に戻します。
 Buybackの効果は呪文の効果の一部です。したがって、カウンター呪文を使われたり、解決時に対象が不適正で打ち消されたりした場合、Buybackは適用されません。


●ブロックの特徴

・小型化・高速化
 Tempestブロックには、きわめて優秀なウィニークリーチャーが多数収録されています。特に黒と赤の高速化はめざましく、また速攻デッキの最後の1ピースとしてCursed Scroll/呪われた巻物(TE)が登場した結果、かつてない高速クリーチャー戦の時代が訪れました。

・緑のコントロール傾倒
 Strongholdで登場したWall of Blossoms/花の壁Spike Feeder/スパイクの飼育係は、それまでサイズの大きなクリーチャーを高速召喚して殴り倒すという一辺倒の戦い方しかできなかった緑に新しい可能性を示しました。さらに、Exodusで登場したOath of Druid/ドルイドの誓い、そして悪名高きSurvival of the Fittest/適者生存が、緑のコントロールシフトを決定づけました。

・単色時代の幕開け
 軽量でコストパフォーマンスの高いクリーチャー、Cursed Scroll/呪われた巻物(TE)やSaphire Medalion/サファイアの大メダル(TE)をはじめとする優秀なアーティファクト群……それらがもたらしたのは、極端な単色傾向の時代でした。パーマネント対処手段に乏しく、最も単色に向かないと言われていた青さえも、Tradewind Rider/貿易風ライダー(TE)やCapsize/転覆(TE)、Propaganda/プロパガンダ(TE)といった解答を手に入れ、尖った単色デッキがトーナメントシーンをにぎわせました。

・誤訳時代の幕開け
 このころから、日本語版カードの誤訳が冗談ではすまされないレベルになってきました。”エラ巻”の呼称で有名な、起動コストが2マナのCursed Scroll/呪われた巻物(TE)、『私は軽いけれど』の名言で日本中を震撼させ、史上初めて”フレーバーテキストにエラッタ”という快挙を成し遂げたSelenia,Dark Angel/闇の天使セレニア(TE)、『精油トークン』の概念を生み出したWall of Essence/精油の壁(SH)、その他Dauthi Mindripper/ダウスィーの精神ドリッパー(TE)などが日本人プレイヤーを沸かせてくれました。
 最近は、誤訳があるのは当たり前なのであまり騒がれませんが……。


●有名なカード

○Cursed Scroll/呪われた巻物(TE)
 (1) アーティファクト
 (3), (T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。カード名を1つ指定する。いずれかの対戦相手は、あなたの手札から無作為にカードを1枚選ぶ。選んだカードが指定されたカードであった場合、Cursed Scrollはそのクリーチャーかプレイヤーに2点のダメージを与える。

Tempestで最も有名なカードでしょう。手札を1枚にして3マナ・タップするだけで2点のダメージが発生するこのカードは、「手札は多ければ多いほど有利」・「ハイスピードで手札を消費する速攻デッキは中盤以降必ず息切れする」――というM:tGの常識を覆しました。特にTempestブロック限定構築では赤単ウィニーバーンの突進力がすさまじく、どんなデッキでもこのカードを4枚入れることが目に見えていたため、禁止カードにされたほどです。1マナであることからカウンターデッキ泣かせでもありました。
 また、もともとのテキストではカードを無作為に選ぶのも『対象のプレイヤー』と書かれており、『複数の対象をとる呪文や能力は、同じ対象を複数回選ぶことができない』というルールにより、『Cursed Scrollは対戦相手にダメージを飛ばせない』という裁定が下ったこともありました。この時は一時的にCursed Scrollのシングルカード価格が暴落し、後にエラッタが出るに至ってすぐに高騰するといった、まるで株式市場のような現象が見られました。

 

○Tradewind Rider/貿易風ライダー(TE)
 (3)(U) クリーチャー−Spirit 1/4
 Flying
 (T), あなたのコントロールするクリーチャー2体をタップする:パーマネント1つを対象とし、それをそのオーナーの手札に戻す。

・圧倒的なボード支配力を持つクリーチャー。きわめて汎用性の高いバウンス能力をマナコスト無しで無制限に使用できるため、高い人気を呼びました。Tempestブロック限定構築で赤単バーンと勢力を二分したのが、このクリーチャーを核に据えた青黒のコントロールデッキです。タフネスが4と非常に固く、また色マナが1つであるため、様々なデッキに投入されました。特に、Armageddon/ハルマゲドン(基本版)やWinter Orb/冬の宝珠(基本版)といったマナ制限カードとの相性が抜群のため、当時加速度的にコントロール方向にシフトしていった多色緑のデッキによく投入されました。

 

○Saphire Medalion/サファイアの大メダル(TE)
 (2) アーティファクト
 あなたの青の呪文は、それをプレイするのに本来のコストより(1)少なくて済む。

・青単色の覇道を築いたカードです。このアーティファクト1つで得られるマナアドバンテージは2マナにも4マナにもなり、大量のマナと引き換えに絶大な効果をもたらすBuyback呪文との共鳴効果はめざましいものがありました。なお、このMedalionシリーズはもちろん他の4色にも存在しましたが、青以外はまったく日の目を見ることがありませんでした。Buyback呪文が青ほど強力でなかったこともありますが、なにより、1ターンの間に重コスト呪文(特にインスタント)を連打するというスタイルが青特有のものだったからでしょう。

 

○Capsize/転覆(TE)
 (1)(U)(U) インスタント
 Buyback (3)
 パーマネント1つを対象とし、それをそのオーナーの手札に戻す。

Buybackの呪文は特に青に強烈なものがそろっていましたが、中でもこの呪文は別格でした。なぜなら、Capsizeは「このカードだけで勝てる」呪文だからです。Saphire Medalion/サファイアの大メダル(TE)のマナコスト軽減によって、1ターンに2回以上Capsizeが回り始めれば、相手のパーマネントは減る一方です。

 

○Mogg Fanatic/モグの狂信者(TE)
 (R) クリーチャー−Goblin 1/1
 Mogg Fanaticを生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。Mogg Fanaticはそれに1点のダメージを与える。

・史上最強のゴブリン。登場以来、ありとあらゆるバーンデッキに投入され続けている、非常に優秀な1マナクリーチャーです。その有用さはもはや説明の必要がないほどですが、ひとつ付け加えるとするなら、彼の能力は6版の戦闘ダメージメカニズム改変によってさらに評価が高まりました。世界中の赤信奉者から愛され続けているカードです。

 

○Living Death/生ける屍(TE)
 (3)(B)(B) ソーサリー
 すべての墓地にあるすべてのクリーチャー・カードを脇にどける。このあと、場に出ているすべてのクリーチャーをそのオーナーの墓地に置く。このあと、こうして脇にどけたすべてのクリーチャー・カードを、そのオーナーのコントロールの下で場に出す。

・場と墓地のクリーチャーを総入れ換えする仰天の呪文。全体クリーチャー除去とリアニメイトをこのカード1枚で実現できます。インパクトだけでもM:tG有数のカードですが、効果の割にはマナコストも5マナとまともであり、ファンデッキでもトーナメントデッキでも大活躍しました。

 

○Wasteland/不毛の大地(TE)
 土地
 (T), Wastelandを生け贄に捧げる:基本地形でない土地1つを対象とし、それを破壊する。

・極悪カードであったStrip Mine/露天鉱床(AQ)が、驚くほどまともなマイナーチェンジをほどこされて帰ってきました。単色デッキはなんの気兼ねもなくこのカードを4枚投入し、多色にとってはさらにつらい時代を招きました。また、このカードは、デッキのほとんどが特殊地形で占められているVintage環境により大きな影響を与えました。そして、これからもM:tGの新しいセットが発売され強力な特殊地形がリリースされるたびに重要度を増していくのです。

 

○Crystaline Sliver/水晶スリヴァー(SH)
 (W)(U) クリーチャー−Sliver 2/2
 Sliverは呪文や能力の対象とならない。

Tempestブロック特有のクリーチャータイプであるSliverは、場に出ている他のSliver全てに等しく能力を賦与するというクリーチャーでした。Strongholdで登場したこのSliverが、彼らを一気にトーナメントシーンに押し上げました。なにしろ、2マナ2/2でアンタッチャブルというだけでも充分なのに、デッキに入っているすべての攻撃要員がアンタッチャブルになってしまうのです。その上、他のSliverも+1/+1修正やflyingといった有用な能力がそろっています。また、全員2マナと軽量なのも幸いし、カウンタースリヴァーという新しいデッキコンセプトを生み出しました。
 カウンタースリヴァーの名は後に、『コストパフォーマンスに優れた軽量クリーチャーを少量のカウンターで守りつつ殴るビートダウンデッキ』の代名詞となりました。このカウンタースリヴァーの強力な末裔が、Odesseyブロックで登場したUGマッドネスです。

 

○Mox Diamond/モックス・ダイアモンド(SH)
 (0) アーティファクト
 Mox Diamondをプレイするための追加コストとして、あなたの手札から土地カードを1枚捨てる。
 (T):あなたのマナ・プールに好きな色のマナ1つを加える。

Lotus Vale/水蓮の谷間(WL)に続いて全米を熱狂させた『パワーナイン再来カード』。日本人にはピンと来ないかもしれませんが、本場米国におけるこの2枚の人気はすさまじいものがあります。しかも、Lotusの再来がただのイロモノであったのに対し、Moxの再来であるこのカードの有用性は本物でした。ウィニー系の多色デッキや、後にはMoMaなどの瞬殺デッキにも投入され、ついにはClassicで制限カード指定を受けるまでになりました。

 

○Oath of Druids/ドルイドの誓い(EX)
 (1)(G) エンチャント(場)
 各プレイヤーのアップキープの間に、そのプレイヤーが対象の対戦相手1人よりも少ない数のクリーチャーをコントロールしている場合、そのプレイヤーは自分のライブラリーからクリーチャー・カードが出るまで、すべてのプレイヤーにカードを見せ続けてもよい。そのクリーチャーを、そのプレーヤーのコントロールの下で場に出し、それ以外の見せたカードを、すべて自分の墓地に置く。

・各色に存在し、それぞれの色に合った手札・土地・ライフといったリソースを比べ、それを拮抗させるように働くOathシリーズ。中でも、緑のこのカードは飛び抜けていました。なにしろ、どんな重いクリーチャーであっても、たった2マナのこのエンチャントを出すだけで、ライブラリから直接登場するのです。クリーチャーデッキはこのカードの登場によってきわめて深刻な打撃を受けました。なにしろ、とんでもない速さでライブラリからSpirit of the Night/夜のスピリット(MI)やArchangel/大天使(VI)が登場するのです(後に、Morphling/変異種(US)が定番となりました)。このカードによって、『カウンターオース』――後には単に『オース』とだけ呼ばれるコントロールデッキが誕生しました。

 

○Survival of the Fittest/適者生存(EX)
 (1)(G) エンチャント(場)
 (G), あなたの手札からクリーチャー・カードを1枚捨てる:あなたのライブラリーの中からクリーチャー・カードを1枚選んで、それをすべてのプレイヤーに見せ、それをあなたの手札に加える。このあと、あなたのライブラリーを切り直す。

・強力なCIP能力を持つMirageブロックのクリーチャー、そしてリアニメイト呪文との卑劣なまでのシナジーにより、New World Order(NWO)と呼ばれるまったく新しい概念のデッキを造り上げた驚愕のエンチャントメント。もともとNWOはテンペスト登場当初から存在しており、Natural Order/自然の秩序(VI)によってライブラリから緑の巨大クリーチャーを直接引きずり出すデッキでした。しかし、Survival of the Fittestの登場がすべてを変えました。どんな状況でも、まさしく"Fittest"なクリーチャーを持ってくることができるのです。はじめて新世代のNWOのデッキリストを見たプレイヤーは、マナコストもサイズもばらばらな多種多様のクリーチャーが1枚ずつ投入されたそのデッキに少なからずカルチャーショックを憶えたはずです。NWOは瞬く間にスタンダード環境を席巻し、Urza's Sagaブロックの登場に至っては瞬殺コンボにまで変容しました。後にSurvival of the FittestはExtended環境でさえ禁止カード指定を受けることになります。

 

○Reccuring Nightmare/繰り返す悪夢(EX)
 (2)(B) エンチャント(場)
 クリーチャーを1体、生け贄に捧げる, 繰り返す悪夢をそのオーナーの手札に戻す:あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを場に出す。この能力はあなたがソーサリーをプレイできるときにしかプレイできない。

・環境を席巻したNWOデッキの、もう1つのキーカード。恒久的なリアニメイト手段であるこのカードは、CIP能力を持つクリーチャーを場と墓地で回転させることによって、リソースを消費せずに絶大な効果を生み出します。また、Survival of the Fittest/適者生存(EX)によって墓地に落ちた巨大クリーチャーを釣り上げるのにもこれ以上ないくらいに適したカードです。あまりに強力であるため、Tempestブロック限定構築ではExodus発売の直後に禁止されたほか、スタンダードでも後に禁止カード指定を受けています。

Magic: The Gathering Copyright (c) by Wizards of the Coast, Inc. All rights reserved.
Since 2003.07.29 Link Free