Urza's Saga Block

top > Block > Block Introduction

 Urza's Sagaは、かつてAntiquitiesで描かれたふたりのアーティファイサー兄弟・ウルザとミシュラの闘いの完結編です。それはまた、ウルザと邪悪な機械帝国ファイレクシアとの科学戦争でもありました。”アーティファクト・サイクル”の名通りに強力なアーティファクトが多数含まれているセットであり、一部のカードはあまりにオーバーパワーであったため禁止カード指定を受けました。

●ブロック特有のルール
●ブロックの特徴
●有名なカード

●ブロック特有のルール

 Urza's Sagaブロックに共通する特殊なルールは、以下の通りです。

・Echo(エコー)

 Echoは、パーマネントに付随する能力です。Echoを持つパーマネントが、場に出る、もしくはコントロールを奪うなどして新しくあなたのコントロール下に来た場合、次のアップキープ開始時に、そのEchoパーマネントの呪文コストをもう一度支払わなければなりません。支払わない場合、そのパーマネントを生け贄に捧げます。

 これはつまりコストの分割払いと考えてもらっていいでしょう。Echoを持つパーマネントはたいがいが、そのコストに比して優秀な能力を持っています。クリーチャーで言えば、1マナ2/2や2マナ3/3といった具合です。

・Cycling(サイクリング)

 Cyclingは、Onslaughtブロックでも再登場する能力です。
 Cycling (cyclingコスト)の書式で表され、Cyclingを持つカードがあなたの手札にあるとき、cyclingコストを支払ってそのカードを捨てることにより、カードを1枚引けます。これは起動型能力であり、通常の起動型能力と同じようにインスタントとしてスタックに乗り、解決されます。

 Cyclingというのはつまり、そのカードを使えない局面であってもドローに変えられるので無駄がなくなる、という意味を持っています。そのかわりCyclingを持つカードは、似たようなカードに比べてコストが高く設定されていたり効果が若干弱く設定されていたりします。


●ブロックの特徴

・アーティファクト時代
 看板通り、Urza's Sagaブロックは質量ともに素晴らしいアーティファクト群の収録されたエキスパンションでした。単色化の傾向はさらに進み、Votaic Key/通電式キー(US)とMasticore/マスティコア(UD)の汎用性に支えられた様々なアーティファクトデッキ、いわゆる「茶単」が生まれました。

・高速化の頂点
 TE-US時代のスタンダードは、Tempestブロックの黒や赤、Urza's Sagaブロックの緑Echoクリーチャーやアーティファクトのマナブーストが混在していたトップスピード時代でした。土地ですら優秀な攻撃クリーチャーに化けたこの時代、速攻デッキに入っているほとんどのカードは1マナと2マナの呪文で占められている――というのは当たり前でした。

・忌まわしき禁止カード連発
 Urza's Sagaの発売直後に、あるデッキのアイディアがネットを駆けめぐりました。Tolarian Academy/トレイリアのアカデミー(US)の壊れたマナ供給とTime Spiral/時のらせん(US)の壊れた手札供給に支えられたそのデッキは、最速1ターン・安定3ターンで対戦相手をライブラリアウトさせ得る空前絶後の瞬殺デッキであり、瞬く間に世界を席巻し、Classic環境をすら一色に染め上げました。DCIはついに禁止カード指定の強権を発動し、Memory Jar/記憶の壺(UL)に至っては『発売後最短禁止指定』という非常に不名誉な記録をうち立ててしまう結果となりました。


●有名なカード

○Time Spiral/時のらせん(US)
 (4)(U)(U) ソーサリー
 Time Spiralをゲームから取り除く。各プレイヤーは、自分の墓地にあるカードをすべてと自分の手札のカードをすべて加えたうえで、自分のライブラリーを切り直し、そのあと、カードを7枚引く。あなたは土地を最大6つまでアンタップする。

・断言しますが、これとMemory Jar/記憶の壺(UL)は他の禁止カード群とは別格です。はっきり言えば、Time Spiralさえ禁止にしておけば後はあんなにヒステリックにならなくてもよかったのです。『カードを7枚引く』と書いてある時点で気づけよって感じですが……。

 

○Tolarian Academy/トレイリアのアカデミー(US)
 伝説の土地
 (T):あなたがコントロールするアーティファクト1個につき、あなたのマナ・プールに(U)を加える。

・青のマナ加速という時点で非常に強力かつ危険であることにかわりはありませんが、Time Spiral/時のらせん(US)さえなければそこまで恐れるほどのカードではありません。2CHDでは禁止なので紹介してもしょうがないかもしれませんが。
 杉井はこのカードが問題なく4枚使える独自のレギュレーションでずっと大会を主催していますが、いまだかつてこのこのカードを使ったデッキが優勝したことはありませんし、危険なほど強力なデッキもまだ現れていないのです。

 

○Voltaic Key/通電式キー(US)
 (1) アーティファクト
 (1), (T):アーティファクト1つを対象とし、それをアンタップする。

・非常に地味ながら、Urza's Sagaブロックのアーティファクト全盛時代を支えたカードです。Mana Vault/魔力の櫃(基本版)をはじめとするマナ源を爆発的に回すことによって、Urza's Sagaブロックの優秀ながらマナ喰い虫のアーティファクトを使いこなすことを可能としたのです。

 

○Worship/崇拝(US)
 (3)(W) エンチャント(場)
 
あなたがクリーチャーをコントロールしているかぎり、あなたのライフを0点以下とするようなダメージは、代わりにあなたのライフを1点とする。

・基本的なルールをねじまげるような効果でプレイヤーの敗北条件を操作するカードは、Lich(基本版)などのように太古から存在しましたが、これはその中でも格別に使いやすく優秀なカードです。7版に再録されており、多くの赤使いや黒使いを悩ませています。

 

○Morphling/変異種(US)
 (3)(U)(U) クリーチャー−Shapeshifter 3/3
 (U):Morphlingをアンタップする。
 (U):Morphlingはターン終了時まで飛行を得る。
 (U):Morphlingはターン終了時まで呪文や能力の対象にならなくなる。
 (1):Morphlingはターン終了時まで+1/−1の修正を受ける。
 (1):Morphlingはターン終了時まで−1/+1の修正を受ける。

・『最強のクリーチャーはなにか?』――だれもが初心者の頃に一度は抱き、しかし島と沼と山にかなうカードなどないことにいずれ気づいて忘れてしまう疑問。Morphlingは、この答えのない疑問の答えになりうるクリーチャーのうちの1体です。言うなれば『最も神に近いクリーチャー』でしょうか。まさしくミスター・パーフェクト。大量のマナに裏打ちされたMorphlingは、4ターンでゲームを終わらせるハードパンチャーであり、どんな攻撃も起きあがって受け止めるブロッカーであり、なんぴとの干渉も寄せ付けない存在なのです。

 

○Duress/強迫(US)
 (B) ソーサリー
 対象の対戦相手1人の手札を見て、クリーチャーでも土地でもないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーは手札からそのカードを捨てる。

・登場するやいなや世界中の黒使いが狂喜乱舞した、最上の手札破壊呪文。黒が対処できない致命的なカードは土地でもクリーチャーでもないに決まっていますから、このカードはあらゆる黒のデッキに4枚投入され、とくにコンボデッキや青使いを大いに悩ませることになりました。現在でも7版に再録され、Classicからスタンダードまで、どんな環境でも考慮しないわけにはいかない1枚です。

 

○Yawgmoth's Will/ヨーグモスの意志(US)
 (2)(B) ソーサリー
 ターン終了時まで、あなたはあなたの墓地にあるカードを、あなたの手札にあるかのようにプレイしてよい。このターンにあなたの墓地に置かれるカードは、代わりにゲームから取り除かれる。

Dark Ritual/暗黒の儀式(基本版)の存在によって、ほとんど『墓地にあるカードをすべて手札に戻す』に等しい絶大な効果をあげる呪文です。中盤、息切れしかけたネクロデッキがこのカードを叩きつけ、墓地から大量の手札破壊とDrain Life/生命吸収(基本版)……そんな光景がよく見られました。晩年のネクロデッキには、このカードが最大限の効果をあげるように、Urza's Bauble/ウルザのガラクタ(IA)すら投入されていたのです。

 

○Priest of Titania/ティタニアの僧侶(US)
 (1)(G) クリーチャー−Elf 1/1
 (T)::場にあるエルフ1体につき、あなたのマナ・プールに(G)を加える。この能力はマナ能力としてプレイする。

・エルフデッキのマナ爆発の中枢を担うクリーチャー。3ターン目に二桁のマナが出ることすら夢ではなく、エルフを並べてOverrun/踏み荒らし(TE)を連打するエルフクレイドルと呼ばれるデッキは一時期のExtendedに存在しました。Rebecca Guay女史の美しいイラストも人気の高さの一因でしょうか。

 

○Argothian Enchantress/アルゴスの女魔術師(US)
 (1)(G) クリーチャー−Enchantress 0/1
 Argothian Enchantressは呪文や能力の対象にならない。
 あなたがエンチャント呪文をプレイした場合、カードを1枚引く。

・エンチャントレスデッキの地位を急激に向上させたカードです。Urza's Saga以前にもエンチャントレスデッキは存在しましたが、Verduran Enchantress/新緑の女魔術師(基本版)の除去されやすさのせいでいまいち回りきれない印象は否めませんでした。しかしそこに、このあまりに優秀な後輩の登場です。軽く、除去されない。Earthcraft/大地の知識(TE)の存在によって非常に安定した瞬殺も可能になりました。

 

○Tinker/修繕(UL)
 (2)(U) ソーサリー
 あなたがTinkerをプレイするとき、アーティファクトを1個、生け贄に捧げる。
 あなたのライブラリーの中からアーティファクト・カードを1枚選んで、そのアーティファクトを場に出す。このあと、あなたのライブラリーを切り直す。

・なにせ直接場に出るのですから、非常に夢の広がるカードです。同じUrza's LegacyMemory Jar/記憶の壺が収録されているのはため息が出てしまいますが、Memory Jar/記憶の壺が速攻で禁止された後は、Phyrexian Colossus/ファイレクシアの巨像(US)を3マナで引っぱり出したり、Tangle Wire/からみつく鉄線(NE)を何度も新調したりと、アーティファクトデッキで活躍しました。Tinkerというデッキ名にもなっているくらいです。

 

○Rancor/怨恨(UL)
 (G) エンチャント(クリーチャー)
 エンチャントされているクリーチャーは、+2/+0の修正を受けるとともにtrampleを得る。
 Rancorが場から墓地に置かれたとき、Rancorをそのオーナーの手札に戻す。

・史上最強のクリーチャーエンチャントでしょう。墓地に落ちたときに手札に戻ることによって、クリーチャーエンチャントのディスアドバンテージ(つけたクリーチャーを除去されると2枚分カードを損する)をなくそうという『エターナルエンチャント』はUrza's Sagaの頃から存在していましたが、それにしても、Rancorは軽すぎですし、trampleがつくのはやりすぎの感が否めません。ほんとうはコストが(2)(G)だったのが、デザインチームの手違いで1マナで通ってしまった、という、真偽のほどもさだかでない逸話もあります。

 

○Treetop Vilage/樹上の村(UL)
 土地
 Treetop Vilageはタップ状態で場に出る。
 (T):あなたのマナ・プールに緑マナ1点を加える。
 (1)(G):Treetop Vilageは、ターン終了時まで、trampleを持つ3/3の緑のクリーチャーとなる。このクリーチャーは引き続き土地としても扱われる。

Urza's Legacyには、クリーチャーになる土地が5種類収録されていますが、サイズ的にもやはりこの緑の土地が最も大きいインパクトでしょう。カウンターもソーサリー除去も受け付けない3/3クリーチャーは非常にやっかいです。

 

○Academy Rector/アカデミーの学長(UD)
 (3)(W) クリーチャー −Cleric 1/2
 Academy Rectorが場から墓地に置かれたとき、あなたはAcademy Rectorをゲームから取り除いてもよい。これを取り除いたなら、あなたのライブラリーの中からエンチャント・カードを1枚選び、そのカードを場に出す。そのあと、あなたのライブラリーを切り直す。

・ライブラリから場に直接、ということで、強引に白をねじこんだ多数のコンボデッキでよく見かける存在でした。最も有名なのはYawgmoth's Bargain/ヨーグモスの取り引き(UD)を核とした瞬殺デッキでしょうか。日本ではピットサイクルという名で親しまれていた白黒デッキでした。墓地に送らなければエンチャントを出せないため、様々な方策がとられましたが、中でもユーモアが効いていたのはHigh Market/高級市場(MM)に売り飛ばすというものでした。こんなおばあさん、買い手は見つかるんでしょうか。

 

○Replenish/補充(UD)
 (3)(W) ソーサリー
 あなたの墓地にあるすべてのエンチャント・カードを場に戻す。(エンチャントすべきパーマネントがない個別エンチャントは、あなたの墓地に残る。)

・こんなあからさまに強力なカードが瞬殺に使えないはずがありません。TE-USの時代ですら、Opalescence/オパール色の輝き(UD) + Pandemonium/伏魔殿(EX)や、Seismic Assault/突撃の地鳴り(EX) + Yawgmoth's Bargain/ヨーグモスの取り引き(UD) + Abundance/豊穣(US)といった瞬殺コンボが生まれました。US-MM時代になると、Nemesisの登場で充実したエンチャントによって、Replenishは時代の寵児たるコントロールデッキに生まれ変わりました。現在はClassicでの瞬殺デッキ最右翼として猛威を振るっています。

 

○Donate/寄付(UD)
 (2)(U) ソーサリー
 プレイヤー1人と、あなたがコントロールするパーマネント1つを対象とする。そのプレイヤーはそのパーマネントのコントロールを得る。

・もちろん、このカードが登場するまでは、エンチャントのコントロールを相手に渡す手段など皆無だったのです。3年の時を超えて生まれた超絶コンボ。広すぎるカードプールが生んだ偶然の悲劇、それがDonate-Illusionsというデッキなのです。
 なお、このカードは登場した当時スタンダードでの使い方も検討され、Illusions of Grandeur(IA)の貧弱な子孫であるDelusions of Mediocrity/凡人の錯覚(UL)や、一応の勝ち手段になるForbidden Crypt/禁忌の墓所(MI)などが押しつける候補にあがっていました。

 

○Phyrexian Negator/ファイレクシアの抹殺者(UD)
 (2)(B) クリーチャー −Horror 5/5
 Trample
 Phyrexian Negatorがダメージを与えられるたび、与えられたダメージ1点につきパーマネントを1つ、生け贄に捧げる。

・激しいデメリットと引き換えに、強烈なコストパフォーマンスを持ったクリーチャー。特に、クリーチャーにダメージを与える手段を持たないコントロールデッキやコンボデッキなどに対しては強力無比で、己の不利益を省みない自殺的な速攻黒の使い手には好んで使われます。また、その人気の高さはカードイラストや株式会社GAINAXとも無関係ではないでしょう。

 

○Yawgmoth's Bargain/ヨーグモスの取り引き(UD)
 (4)(B)(B) エンチャント(場)
 あなたのドロー・ステップを飛ばす。
 1点のライフを支払う:カードを1枚引く。

Necropotence/ネクロポーテンス(IA)と非常によく似たカードであり、リリースされた当初はそのような使い方も見られましたが、両者はまったく別のカードです。Yawgmoth's Bargainはほぼ純粋なコンボパーツと言っていいでしょう。どれだけ場や手札が絶望的でも、出したそのターンにコンボを決められる可能性を持っています。

 

○Masticore/マスティコア(UD)
 (4) アーティファクト・クリーチャー 4/4
 あなたのアップキープの開始時、あなたは手札からカードを1枚、選んで捨ててもよい。これを捨てないならば、Masticoreを生け贄に捧げる。
(2):クリーチャー1体を対象とし、Masticoreはそれに1点のダメージを与える。
(2):Masticoreを再生する。

・環境を支配し続けた汎用決戦兵器。打撃力も、しぶとさも、防衛力としても文句のつけようがなく、これを出すだけで完全にボードを掌握できることもよくあるほどの強力クリーチャーでした。毎ターン手札1枚という甚大な維持コストを要求しながら、青のカウンターデッキにさえ投入されていたということがそのパワーの証明です。

Magic: The Gathering Copyright (c) by Wizards of the Coast, Inc. All rights reserved.
Since 2003.07.29 Link Free