日暮里レポート

top > report > 6/29

Rebecca氏
日暮里から帰還しました。すでに報告がありますが、総参加者は 主催の山崎氏と連れの方、名も無き者氏、煩悩魔人氏、稲妻氏、 >286氏とその連れの方、Rebeccaの8名でした。
山手線沿線で駅からも近く、部屋も広い会場費も無料。主催経験 者として激しく羨ましい場所でした。直前にこのスレが荒れたためか 参加人数が少なめだったのは惜しかった。
デュエルの合間に286氏のチラシラフ絵を見せてもらい感想を 言い合ったり、FEとIA問題について(ほんのちょっとだけ)意見を 言ったり。
19:00で会場を撤収し、二次会でいろいろ話す。前回の板橋にも 来ていただいた方に感想をいただいたのが、個人的収穫。
そういや7/13池袋まであと2週間、次の週末しか準備期間がないや。

今日の戦績。こちらの使用デッキは忍耐の試練メロンVer.と 同パーミッションVer.。レシピは実践スレのどこかに転がっるので略。

V.S.稲妻氏 6th-MI-MM ステロイド
相手は緑メインのコモンステロイド。1本目は土地が来ず、2本目は 土地しか来なかった。無残にストレート負け。

V.S.煩悩魔人氏 4th-TE-US 青緑
生命維持コードで錯乱した隠遁者、ワタリガラスの使い魔、スパイクを 使いまわすデッキ。隠し味に緑の直接火力であるストームシーカーが。 1本目はこちらが鬼回りし、マナ鳥から3ターン目に賛美天使アンモーフで 速攻。2本目は相手が土地事故らしく、藪跳ねアヌーリッドで撲殺。

V.S.山崎氏 6th-IN-OD 白緑タッチ赤
サクって2マナ出る土地を並べ、平等化からマングース/土を食うもの/ 秘教の処罰者を出すデッキ。
1本目、相手が土地しか引かない。2本目、速攻で平等化を打たれる。
3本目、ビートダウン成功。リセットを掻い潜れる藪跳ねは強い。

V.S.名無し氏
メロンVer.ではぜんぜん忍耐の試練じゃない、とパーミにデッキを変えた ところ、相手もデッキを交換。山崎氏から借りたデッキは、さっき戦った ばかりのデッキでした。
1&2本目 手札にソープロを抱えつつマングースに悶絶。

V.S.286氏 5th-TE-IN 赤単ターボキャントリップ
ここでデッキをメロンVer.に戻す。
相手は赤メダルを重ね貼りし、Flare、Zapなどを連打するデッキ。 マナエルフ&マナ鳥を丁寧に除去されて序盤をもたつくうちに、 ふにゃふにゃバイバックがぐるぐる回って焼き殺される。

V.S.286氏の連れの方 スタンダード黒単
2ターン目に森の知恵を貼った直後、崇拝の言葉と忍耐の試練を 立て続けに引く。ついに勝てました!

結果は3勝3敗で勝率5割。しかし煩悩魔人氏も指摘しているように、 忍耐の試練を入れない方が強いのは重大問題。
次のデッキコンセプトを考え中。

煩悩魔人氏
今日の日暮里レポ:

相変わらず場所は分かりにくいかも。しかも入り口に電気が付いておらず 無人状態だったので、本当にここで正しいのか再確認してしまった。
階段を上がっていくと山拓氏・その友人氏、Rebecca 氏が先にいらしていたので 簡単に挨拶をしてデュエル開始。

マイデッキ
1.速め:赤単ゴブリンバーン(4th-TE-US) … 新規
2.中速:Umbilicus デッキ(4th-TE-US) … 前回板橋版の改良、今回メイン、唯一サイドボード有
3.低速:青白パーミッション(4th-IA-TE) … 今回未使用
4.大味:赤緑ビッグクリーチャ(5th-TE-MM) … 前回板橋版の改良

先週はサイドボードとデッキ交換議論で引っ張ったこともあって、 とりあえずメインで使う 2. デッキのみサイドボードを用意した。
3回勝負モードのときはデッキを変えずにサイドボーディングした。 しかし Umbilicus デッキは面白いのだが動きが多少トリッキーなため時間がかかり、 1回勝負でチケット交換 → 別デッキでもう1回勝負ということもあった。

1戦目
山拓氏の友人氏 UG マッドネス(??-MM-OD) 1-0
デッキそのものは山拓氏の借り物だそうだ。加えて本人はかなり久しぶりに マジックをやるとのことなので、まったりルールを確認しながらプレイ。
自分もあまり慣れてないデッキだったのでそういう意味ではお互い様だったか。 Umbilicus で場を抑止しつつ Spike Feeder(SH)/Spike Worker(SH) /Yavimaya Granger(UL)/Raven Familiar(RL) らにはだいぶお世話になりました(w 比較的よく回った方。 1プレイ30分以上かかってしまったので、とりあえず自分が1勝した時点でクローズ。

2戦目
Rebecca 氏 忍耐の試練メロンver. (??-OD-ON) 0-2
 Exalted Angel(ON) に2戦とも撲殺、  普通にクリーチャデッキとしても強いっす。
 他者との戦いでも Test of Endurance(JU) をほとんど見かけなかったような…

3戦目
名も無き者氏 赤青フライングバーン (RV-MI-IV) 1-2
 Sol Ring(Beta/UN/RV), Serendib Efreet(RV) など非常に珍しいカードを  プレイで見せて貰う。主に MI 火力で焼かれる。  一部 Mana Drain(LE) が入っていたため参考記録となる。  (チケット交換無し)

ここで名も無き者氏と自分以外は昼食の買出し。
自分らは留守番がてら別デッキでデュエル、自分は赤緑大味デッキ
名も無き者氏 白赤アストラルスライド (??-UZ-ON) 0-2
 Fluctuator(US), Astral Slide(ON), Lightning Rift(ON), Stoic Champion(LG)  強し。クリーチャ供給が間に合わずチャンピオンに撲殺

4戦目
>>286氏の連れの女性
 赤緑トークン&サイクリング(OD-ON) [1-0]
 これも時間の長いデュエルだった。
 自分は Invigorating Boon(ON) が張られているのを忘れてうっかりウルザ土地をサイクリング、  Centaur Glade(ON) で生成されたぷちこトークンの上に +1/+1 カウンターを載せてしまう(w  トークンぷちこ・でじこ・うさだが揃うが、その前にこちらは Elvish Archers(4th) の上に  スパイクの +1/+1 カウンターを移しているので相手攻撃出来ず。
 その後こちらが Deranged Hermit(UL) でリストークン生成+Umbilicus で使い回し、  相手のドローフェイズですかさず Storm Seeker(CH)。
 最後は Overrun(TE) で一斉攻撃。

 さすがに1戦目で時間とりすぎなので、チケット交換後2戦目はお互い速めのデッキでリトライ。
 相手 スリヴァーデッキ(ON のみ)、自分 1. デッキ [0-1]
 相手方 Plated Sliver(LG), Ward Sliver(LG), Shifting Sliver(LG) をテンポよく出す。  自分はゴブリンが来ず、相手は Righteous Cause(ON) かな?でライフゲイン。  頼みの火力も致死量に届かず、プロ赤 unblockable スリヴァーたちになすすべも無く撲殺(w

5戦目
山拓氏 [0-2]
 インベのサクリ土地を大量に並べ、Balancing Act(OD) を撃ち、  一気にサクり浮いたマナで Terravore(OD) や Nimble Mongoose(OD) を出す  豪快なデッキ。2戦ともデカくなった Terravore に撲殺(w
 山拓氏はマスクスのスペルシェイパーやマッドネスのような撃ち捨てるタイプのカードが  好きなようだ。スカベンジャードラフトでも Kris Mage(MM) 持ってたし。
 自分とは正反対のタイプのプレイヤーか。

16:00 頃からのスカベンジャー・ドラフト
マイデッキ … 赤緑
 火力や除去がよく取れたと思う。座る場所が良かったか。

1戦目 名も無き者氏:黒緑 [0-2]
 両者クリーチャを淡々と並べ長く膠着状態、頃合いを見て自分が攻撃を仕掛け  Simoon(VI) で支援。お互いほぼ同数のクリーチャを削るが、相手の飛行クリーチャ  Treacherous Vampire(JU) に撲殺。

2戦目 >>286氏の連れの女性:黒青 [2-0]
 全般にこちらのクリーチャと火力支援がよかった模様。
 Rebecca 氏が用意したパックから引いた Volcanic Wind(MM) や Shock(SH) で  相手クリーチャを除去。相手、島の引きが悪いところに自分が Petravark(TO) で  島を確保、その後の飛行クリーチャの出現を抑え込む。

3戦目 山拓氏:黒赤 [2-0]
 この回も自分のクリーチャの質で勝っていたと思う。
 ただ、小型クリーチャでやたらに殴ってくると思ったら、Howl from Beyond(7th)  を隠し持っていた(w

トータルで 2-1 か

19:00 頃からの夕食&飲みの会
ここで自分は初めて>>286氏の Necropotence をテーマにしたイラストを拝見。
カコ(・∀・)イイ!しインパクトは大きい。
色々厳しいことを言ってしまったが、画力も構成力もいいと素直に思う。
彼らの案だと、そういうインパクトのある絵をつかみとして前面に持ってきて、 2枚目(2つ折?両面?)に具体的な文字情報を書き込んだら良いのではと言うこと。
… 言葉だけだと伝わりにくい。コピー頂いてくれば良かったかも。 そうすれば自分がうp出来たし。

ちなみに>>286氏は2ちゃんだーど用にハンドル付けてたこともあったが、 このスレや2ちゃんねるそのものでコテハンを名乗ることには消極的な様子。
我々のような年季の入った“ねらー”はともかく、外から来た人には2ちゃんねるの 印象は宜しくないとのこと。それでも彼は、自分が記憶している限りでは 4回2ちゃんだーどに参加しているので、それなりに好感を持っていると思っていいのかな。

稲妻氏
29日の日暮里レポです。

今までに作ったデッキへのサイドボード追加とスカドラ用パックに時間を取られたので、 新作デッキは1個だけ(オンスロート・コモン限定構築。色は秘密w)。

メインで使ってたのは、古門守くんリスペクトデッキを改造したコモンステロイド。
ウィップバイパーがサイド落ちして、バウンスメタの《ジョルレイルのケンタウロス》・ 《ブラストダーム》と、優良ウィニーの《リバー・ボア》《沈泥を這うもの》、あとは 《巨大化》と《火葬》《炎の印章》で押し切る、分かりやすいデッキ。(5th-MI-MM)

1戦目:コモンステロvsRebecca氏(《忍耐の試練デッキ》。5th-OD-ON)

《忍耐の試練》がサイド入りしたとのことで、見た目ふつうのWGビートダウンな感じに。 《森の知恵》を《エメラルドの魔除け》等で早めに除去でき、先行逃げ切り×2。

2戦目:コモンステロvs山崎拓こそ真の漢氏(リセット&スレッショルド。7th-IN-OD)

序盤からINのサクリ2マナ土地が並ぶ。
(もしや抹消!?)と冷や汗を流しつつウィニーで削っていくが、 山拓氏が8マナ揃えた瞬間に《平等化》→《秘教の処罰者》のスーパーコンボ超動!
それからジャスト4ターンで死にました。=□○_

気を取り直して2本目。と言っても、こちらは速攻以外に能がないわけで。 そこで更に山拓氏の超絶テクが炸裂!

3 タ ー ン 連 続 で 《 オ ア リ ム の 詠 唱 》 withキッカー。

増援の配置すらままならず、足止めを喰らいつづける始末。
更に残り1枚の《オアリムの詠唱》や《一瞬の平和》も使われるが、 我慢して2体でコツコツ殴りつづけ、リセット呪文を引かれる前にどうにか削りきる。

でもって3本目。
序盤の手札に恵まれたので、1回リセットされても復興可能な量の土地とクリーチャーを 温存しつつ、毎ターン5点ペースで先行して残り5点まで削る。
今度は《抹消》→11/11の《土を喰うもの》に直面するが、《根の壁》やブラストダームで ダメージを軽減して粘り、《火葬》を引いて《炎の印章》と共に叩きつける。ビバ火力♪
3戦目:マーフォークvs山拓〜氏の友人(山拓〜氏のマッドネスデッキ。7th-MM-OD)

《不可思議》からの空襲と《波止場の用心棒》がどうにもならず、滅殺される。

4戦目:コモンステロvs山拓〜氏(マッドネス。3戦目と同じ)

捨てたカードに、なんか赤いのが混じってますヨ!?
《ゴブリンの太守スクィー》で弾切れを気にせず回る《野生の雑種犬》や 《マーフォークの物あさり》《波止場の用心棒》には、手も足も出マセン。

5戦目:コモンステロvs286氏(赤青キャントリップ・バーン。5th-TE-IN)

《ルビーのメダリオン》からキャントリップスペルを連打し、 キッカー付き《ウルザの激怒》や《ふにゃふにゃ》バイバックに繋げるデッキ。 エルフを焼かれたり《内破》で山を壊されたりして展開速度が鈍ったものの、 主力のアタッカーさえ出揃ってしまえば後は……という感じで相性勝ち。

6戦目:vs名も無き者氏

・ハンデスメグリムvsスニーク・ドラゴン(4th-US-ON)

メグリム2枚張りからの《Hymn to Torach》で追い詰めたものの、 《騙し討ち》→《アカデミーの学長》から《ドラゴン変化》を出されて逆転負け。

2本目以降はクリーチャーをサイドイン。
せっかくFEを入れてるのにHymnしか使わないのも勿体無いよなぁ……と思って入れた 《Order of the Enon Hand》が、期待通りに働いてくれて2本目ゲット。

3本目もOrderで削るが、初手から張られた《土地税》のせいで土地を展開しきれない。 そのうち《アカデミーの学長》に加えて、生で増幅3*3付きドラゴンが出てしまう。 手札の《悪魔の布告》は、《学長》がいるので紙屑に。
《罠の橋》も《火薬樽》で破壊され、ドラゴン3体の35ダメージを浴びて骨まで灰に。

・フリー対戦:オンスロートコモンvsエルフ&ビースト(名も無き者氏)

ネタ蒔き時氏に触発されてコソーリ組んでみたオンスロートコモン。詳細はヒミツ。
レア少なめのデッキで対戦してもらうが、謎の昆虫トークン増殖を止めきれず圧殺される。 とはいえ手応えはバッチリ。あと5枚必要なカードが揃えば、かなり善戦できそう。フフフ

そんなこんなで構築戦は3勝3敗+1敗。
対戦後の雑談から受けた感触では、デッキの強さのバランス取りに苦心してる人が多い みたいでした。

前にも書いたとおり、《強迫》《Hymn》《暗黒の儀式》の3点セットが使える環境でも、 パワーカードを導入すれば対抗可能、バランスは取れるんだけど、 全体的にデッキの強さが底上げされてしまって敷居が高くなるのは考え物……というか。
勝敗や賞品を度外視した上でも、やっぱり新規の人が何もできずに3〜4ターンで 滅殺されるのは気分のいいものじゃないだろうし。

そうなると「自衛のためパワーカードを多めに投入」か「強いデッキの使用を自粛する」 という対応策が出てきて、その匙加減が問われる……というのが現状なわけで。
新規の人にも気持ち良く遊んでほしいけど、常連が「接待用デッキ」ばかり使うことで 自分の本来使いたいカードを使えなくなるっていうのも何か違うだろうし。

とりあえず初参加の時は強めのデッキを持って行ったほうが無難 (墓地とエンチャントやアーティファクトへの対策は、サイドでもいいから必須?)で、 他の参加者の顔を覚えたら「ガチデッキを使う時は強い常連に挑戦」という風に デッキを使い分けるようにするのが、現状ではベターなのかな? と思ってます。

つーか本音。
フルコモンも面白いけど、思う存分《稲妻》撃ちてぇ。《火炎破》ぶっぱなしてぇ。ハァハァ 今回はフルバ自粛してたんで中毒症状が……(w

後半戦はスカベンジャードラフト。

実戦スレのカキコを間に受けて、「15枚全部5マナ」のネタパックを仕込んじゃいました。
白の5マナコモンが手薄だったんで、アンコに《メリース・スピリット》、レアには 《復讐の天使(TE)》を入れたら、天使を取った人の対戦相手に怒られますた(w 他には8版再録おめでとうパックと、それなりに無難なパックを1個。

回ってくるパックも激しく個性的で、思わず鼻血を噴きそうになる。
15枚全部が壁、マルチカラー、キャントリップ、エンチャント(クリーチャー)等。
中でも、見事に全色カバーしてるRebecca Guayパックには脱帽。

実際に組んだデッキは白青緑のトリーヴァカラー。

1パック目の初手で《陽景学院の戦闘魔道士》をピック、同じパックが戻ってきた時に なぜか残っていた《脱出路》をチェキ━━(゚∀゚)━━( ゚∀)━━(  ゚)━━(  )━━(  )━━(゚  )━━(∀゚ )━━(゚∀゚)━━━!!
《Ironshell Beetle》と《陽景学院の使い魔》、おまけに白緑の開門クリーチャー 《鉄の葉の聖騎士》まで回ってくるものだから、心の中で狂喜乱舞。
そして自分が組んだパックから《北風》を確保、とにかく粘ってクリーチャーを並べて 《北風》さえ引けば何とかなるデッキが完成。

付記:ドラフト中に通り過ぎていった《火山風》等のゴッド除去は見なかったことにする。

蛇足:8thスポイラーを見た時に散々バカにしてた《 沿 岸 の 角 爪 鳥 》、 そして史上最低の1マナライブラリ操作スペル《 索 引 》。
この2枚をピックさせられる羽目になろうとは……。      _/~|○

リミテッド1戦目:vs山拓〜氏(赤黒)

1本目の中盤、おもむろに山拓氏が7マナをタップして唱えたソーサリーは何と 《 道 徳 の 変 遷 》。    ( ゚д゚)ポカーーーーーーーン

敵のライブラリを破壊する呪文だと思っていたらしく、壮絶な自爆でありました。
氏の芸人気質を思い知らされた一戦。

2本目は互いに1/1クリーチャーの群れが睨み合う状況で、山拓氏が《疫病犬》で攻撃、 ブロックした《鉄の葉の聖騎士》に《狂暴ネズミ》が噛みつく。
《聖騎士》と相打ちした《疫病犬》のRIP効果が発動、そして誰もいなくなった(w

その後は《脱出路》経由で青キッカー付き《陽景学院の戦闘魔道士》を3回召喚して ハンドアドバンテージを確保し、《紺碧のワイヴァーン》で制空権を握って勝利。

リミテッド2戦目:vs名も無き者氏(黒緑)

的確に除去られてクリーチャーの展開速度でも遅れを取り、普通に敗北。 こちらが遅かったのは3色を選んだリスクの結果なので言い訳しません。

リミテッド3戦目:vsRebecca氏(白青フライヤー)

1本目は《メタスランの兵士》が止められずに死亡。

2本目。《 網 の 壁 》ものごっつ強ぇヨ!!

ブラックホールのごとく立ちはだかるWall of Netの前に立ち往生し、戦線膠着。 こんなこともあろうかとサイドインした《魚の肝の油》付き《豹人間の戦士》で1発 殴るが、きっちり《油》を割られて再び膠着。

途中で《思考の色》を《脱出路》に打たれかけて不発に終わるも、内心ドキドキ。 (《臨機応変》と間違えて、《脱出路》で戻すクリーチャーの色を書き替えようとした模様) 今だから言うけど、《戦闘魔道士》を青にされたら《脱出路》では戻せなくなるのデス。

しかし、結果的には《北風》でブロックをこじ開けて総攻撃で勝ち。×2回。

こんな感じに、総じてマターリな雰囲気の1日でした。
対戦中にスレッドの荒れが何度か話題になったけど、対戦ルールやデッキ交換・サイドの 問題も、その場で対戦相手と話し合えば解決できるものが大半だし、 「理想的なルールを追求するあまり、議論でスレが荒れて引かれて参加者が減る」 のは避けたいなぁ……と思う次第でありました。

昨日のイベントでも、スレの論議を受けて対戦前にデッキ交換等の確認をする場面が 見受けられたから、無意味な議論じゃなかったことは確かだけど。

名も無き者
昨日の日暮里レポ、前日夜に思いつくままにデッキを作成したら見事寝坊、 のんびりと準備して昼前ぐらいに駅に到着

場所は日暮里・西日暮里の両駅から近くて便利だが施設が住宅街にあるのと その通り道が抜け道なのか狭いのに車の通りが多くて少し危険だった
 建物の名前を確認して入ると1階が薄暗い(間違えた!?)しかし2階から 声が聞こえるので恐る恐る侵入するとRebeccaさん発見して安堵する

到着時は自分で6人目で余っていた煩悩氏と早速デュエル開始

持ち込んだデッキは前回の持込を含めて7つ、コンセプトを簡単に併記
・ゾンビ単(ONS+暗黒の儀式)(戦長出して殴る)
・黒緑(7th-OD-ON)(堕天使がエルフを喰って殴る)
・赤白サイクリング(US-ONS)(チャンピオンを育てて殴る)
・赤白スネーク(4th-US-ONS)(暴君で暴れる)
・赤緑白ミラーリ(7th-OD-ONS)(小一時間問い詰める)
・青緑(7th-US-ONS)(アーリー+ストーム)
・赤青(RV-MI-IV…のつもりだった)(ManaFlare+DrainPower+X火力)

3、4人と遊んだはずだけどデュエル内容は適当にしか覚えてなかったりするし 他の人のレポで詳細は上がってるので割愛(笑

4時にスカベンジャードラフトに移行、変なドラフトには慣れてるので 上下と協調して勝つ、詳細は2chだーどと違うので割愛

その後は撤収して食事しようと西日暮里に向かうが、 炭酸でお腹いっぱいになってたので食事はキャンセルして帰宅しました

Magic: The Gathering Copyright (c) by Wizards of the Coast, Inc. All rights reserved.
Since 2003.07.29 Link Free