荒川レポート

top > report > 8/30

Rebecca氏
町屋に行ってきました。
デッキに触る時間があまり取れず、前日夜に大慌てで組んだところ 朝5:00までかかってしまい、危うく寝過ごすところでした。 会場入りしたのが11:30ころ、10名ほどの先客がいました。前回から 時間もたっているし、他所との競合も無いためかまずまずの賑わい。

V.S. 名も無き者さん
 相手のデッキ内容は忘れてしまったが、3戦して全敗だったのは 覚えています。デッキ診断というか、デッキの新ネタを教えてもらった ので次回は頑張ります。

V.S. 17さん
 新人さんでしたので、忍耐の試練デッキでご挨拶。相手は手札破壊 デッキ。早期に心の傷痕をプレイし、後は耐えて見事に勝利。

V.S. 老師さん
 上手く動かない白茶を現地で赤茶に改造して対戦。相手は8版を 使った白緑デッキ。冬の宝珠+アイシーマニュピレータのコンボを 決めたところで、相手が持病の土地引かない病を再発。しかもかなりの 重症で、こちらが気の毒に思ってしまうほどでした。

V.S. BAOさん
 相手はスタンダードの青単ライブラリ破壊デッキ。お互いに吠えたける 鉱山が4枚ずつ入っているため、毎ターンのドローが平均で4枚。 こちらが低コストのマナ・アーティファクトを連打したところで思考停止を 撃たれ、20枚ほどライブラリを削られる。その後は鉱山のため自爆。

 ここでAP/JU/LGNのドラフトに突入。結果は×○×で6位。
 その後は時間が余ったのでエンペラー戦をやりました。私の張った マナフレアのため煩悩魔人さんのトークン生成デッキがありえない速度で 回りだし、一人マナフレアの恩恵を受けられない山崎さんが(´・ω・`)ショボーン という展開でした。

 会場撤収後はそれぞれ散会、有志で居酒屋に入って雑談。
寝不足・疲労状態で酒が入ったため、レポが遅れました。
 主愛の山崎さん&参加された皆さん、お疲れ様でした。
9/23池袋もよろしく。

あ、名も無き者さんのデッキ内容を思い出した。
サイクリングデッキで2ターン目に波動機は勘弁してください。

OOmameMESY氏
町屋に行ってきました。

参加人数は十数人で、以前に来られていた方とかもいるようでした。
会場の和室は広くて快適でした。
バイオリズムにイワされたり、思考停止を絡めたライブラリー破壊デッキに2度も当たったりと普段できないデュエルに目から鱗の連続でした。
16時くらいから希望者を募ってAP-JU-LGのドラフト。後ろで見物してましたがやっぱり大変そうでした。
ホント楽しかったです。主催の山崎さんを始めみなさんお疲れ様でした。

紅葉屋/楓屋氏
町屋(荒川支部)レポ。
チャリンコ移動メモ:{DST(総走行距離) : 50.12km / AVS(平均速度) : 16.8km / MAX(最大速度) : 40.5km/h}
AVSが低いのは終了後の打ち上げで炭酸入り麦茶を・・・・・てーか飲んだら乗るな。死ぬぞ。

今日は大胆に遅刻していったので構築の対戦は少なめ。
対戦したのはBAO氏/いかや氏/LumiS氏/煩悩氏/山崎氏の5人。チケバト使用デッキは4つ。
@黒茶単(TE-US-4E) Aコモン黒コン(略) Bコモン3色(US-MM) C緑単速攻(略)
@が今回のメインデッキ。(実戦デッキスレ参照)Unblicus-SmokeStackで悪さする黒単タッチアカデミー。
A〜Cは使用実績があるデッキの微調整版。(関東のスタイルに合わせた対人メタ調整。)

VS BAO氏(思考停止) 〇××:使用デッキ黒茶単
煙突ロックが決まり始めたところでだりちゅ-だりちゅ-よぐも-墓地だりちゅ-墓地ばると-墓地ばると。 これで完成と思いきやBAOさん「エンドに思考停止」x2・・・・ぉょ??

VS いかや氏(Hermetic-Club):使用デッキ黒茶単
BrassMan?なんでこんな懐かしいやつが??と思っていたらティム化エンチャントがペタっと。カニ研究キター!! Umblicusでじりじりとライフを減らし1戦目は勝利。2戦目はコンボを止められず。

VS LumiS氏 (コモンカウンターバーン)〇〇:使用デッキコモン3色
コモン対決。初手で置かれた島を見ていやな色の汗が出る。
カウンターティムには勝てねえ・・・とおもったらカウンターバーンですた。 デッキパワーとギミックの罠で勝利。CIPクリーチャが1-1交換なら全然お得だし、 エコー未払い中ならなおさら・・・そしてブラストダーム降臨。

VS 煩悩魔人氏(プリズン?)〇〇/〇〇:使用デッキ黒茶単/緑単速攻。
先にロックを決めてしまい中身不明のまま終了。露天鉱床が色マナを潰したのが効いたようで。 TangleWireやKismetがディスカードされたあたり、きっと煩悩魔人氏お得意のロック系。 その後デッキチェンジで緑単速攻を使用するがデッキが鬼回り。
SerraAngelをDesertTwisterで破壊して蹂躙。やりたい放題・・・。

VS 山崎主催(青緑マッドネス+タッチスクイー)〇:使用デッキコモン黒コン
山崎主催と構築での対決は初。せっかくなので挨拶デッキのコモン黒コンに付き合っていただく。 と山崎氏のデッキからお犬様-藁-ワーム。Squeeマッドネスキター!!。 序盤からお犬様と藁にしこたま殴られるがWitches、Terror、Arrowsで耐える。 お犬様x3が場にそろって次のターンに死ぬはずのところをPestillenceでまとめて除去。 ライフ4-17。もう死にそうで。そして、Witches-Horror-Arrowsを投じ反撃開始。 ライフが3-8になったところでの8点Drainはさすがにカウンターされるも次のターンHorror/Witchesの 攻撃が通りライフが3-2と逆転。駄目押しで「Pestillence」。

ここで構築に与えられた時間はタイムアップ。
その後は山崎氏の企画のへちょパックドラフト(AP-JU-LE)。出来上がったのは 大量のビーストにBerserk Murlodont+Krosan Vorineのコンボ、ゾンビボアx3にInfernal Caretakerのコンボ、 緑の発動者、シェイドスリヴァーx2、BloodfireInfusionx2、 UrborgUprising、Nantuko Vigilantex2・・・ デカくてワルくて受けも広い、いい感じにまとまったように見えたのですが・・・ 名も無き者氏:「なんで負けてんの?」・・・私もよく判りません。
結果××〇。負け越し。あれれ??
山崎主催の幻影ケンタにスクイーダッコが凶悪ですた(もちろん割りましたが・・)

個人的なひとこと。
今回は”不毛の大地が見つからなかったので露天鉱床で代用"。結果他の基本セットを"あきらめた” のだがやっぱり持ってるカードだけでがんばるのは大事だと。
もちろん代用の結果がアッパーバージョン(かつType-I制限)では言い訳にもならないわけだが そこに生じるのは手持ちのカードで如何にがんばるかというMagic本来の面白さ。

といいつつ次回はもっと凶悪にしてみようと。

山崎主催、お疲れ様。

煩悩魔人氏
モツ彼です。8/30町屋レポ

3週間ぶりの 2chd、スレの荒れにもかかわらず新しい方がまた一人参加して頂けたのは 嬉しいですね。最終的には計12名参加でした。
自分も遅い夏休みを取っていたため、前から温めていたネタをデッキに反映しました。
今回は 6個デッキを作り、ダイスで相手に選択して貰いました。
持参したのは以下のデッキ(番号順):

1. 白青プリズン改(4th-MI-OD)
2. 緑赤リストークンデッキ(5th-US-OD)
3. 青白 Umbilicus パート2(6th-US-OD) … 無限追加ターン系、今回は未選択
4. 黒赤 Dawn of the Dead(4th-OD-ON) … ニセ Sneak Attack 系、今回は未選択
5. 青白コントロール系(5th-US-MM) … 線が細いので要改良
6. 青白ライブラリ破壊+独房監禁(6th-OD-ON) … 分割して再構成した方がよさげ

1戦目 山拓氏 UG Madness(7th-MM-OD)、自分はリストークンデッキ[○×○]
 相変わらず午前中は誰もいない中、山拓氏とションボリ(´・ω・`)プレイ。
 相手事故り気味の様子、「犬引かねぇ〜」とは本人の弁。
 こちらは淡々とトークンを殖やし、ワームやルートワラを一体ずつブロッカーで除去し、  最後はトークンの数で圧倒。

2戦目 老師氏 緑白ビートダウン(8th のみ)、自分はプリズン改[○○]
 先日の池袋に初参加の復帰者さん、彼に会って自分も 8th 単を持ってくるの忘れていたことを  思い出す(w これも相手事故気味かな?自分がミシュラ工廠パンチや早めに召喚したセラ天でライフを削る。  その間に Phrexian Furnace(WL) でちまちま墓地を減らしておき&こちらは Compulsion(TO) で  墓地を肥やしておき、Kismet(4th), Mist of Stagnation(JU) が揃ってロック完成。

3戦目 RumiS 氏 青以外4色ビートダウン?(Rv-US-ON)、自分は青白コントロール[××]
 これは自分の方が遅い上に線も細いので無理ぽ。2戦とも相手が早い段階でマナ加速&ビッグクリーチャ  召喚され、こちらも Fatigue(UD)、Exhaustion(US) などで手を遅らせるも間に合わず。  自分は MM ブロック入れてるんだから、Daze(NE) 入れとけば良かったと対戦中に気付く。

4戦目 マメー氏 反射デッキ(7th-IV-OD)、自分はライブラリ破壊デッキ[××]
 こちらはクリーチャがほとんどいないのでいつもの反射デッキかと安心していたら、意外に  ビートダウン系だった(w こちらの Scalpelexis(JU) がほとんど活躍せず、Brain Freeze(SC) の  Storm 効果も弱かった。これも要チューニングか

5-1戦目 紅葉屋氏 Umbilicus+Smokestack デッキ(4th-TE-US)、自分は青白コントロール[××]
 こちらは3〜4マナ出ないと稼動し始めないデッキなので、それ以前に Smokestack 張られると  何も出来ない。土地は1ターンに一枚しか置けません…  あまりに一方的に撲殺されたので、もう一戦お願いする。

5-2戦目 紅葉屋氏 緑単ビートダウン(4th-IA-MM)、自分はプリズン改[××]
 これもスピードの差で一方的な展開に。Blastoderm(NE) に食われる。うむむ…

6-1戦目 いかや氏 青黒リアニメート?(7th-OD-ON)、自分は青白コントロール[×]
 いかや氏とは一本ずつデッキを交換する形に合意の上始める。  Mistform Ultimus(LG)+Bladewing's Thrall(SC) のコンボ。前者のクリーチャは自分は  ノーマークだった。Bladewing's Thrall を予め Buried Alive(OD) で埋めておいたりする。

6-2戦目 いかや氏 緑青「誘う変態」(8th-IV-ON)、自分はリスデッキかな?(メモ忘れ)[×]
 狩り立てられたウンパス(8th) や 誘うワーム(ON) でわざと相手に優良カードを出させて、  変態(SC) でバウンス。相手の心理を逆に突いたデッキのようだ。   本人曰く「誘う変態」デッキであることを強調していた。そのためにわざわざ日本語版カードを  揃えたとのこと(w

AP-JU-LG ドラフトは、対抗色のアポカリ・緑白のジャッジメント・クリーチャのレギオソという コンセプトの全く異なる3パックだったので激しく混乱する。
アポカリ最初に開けたのは失敗だったかもというのが大方の意見。
流れてくるカード見て自分も途中から色を乗り換えたいまま中途半端なピックになって しまった…(赤緑中心)
1戦目 RumiS 氏 黒白 ××
2戦目 Rebecca 氏 赤緑(同系) ××
3戦目 紅葉屋氏 黒緑赤 ××

ドラフトを2回やるのは時間的に厳しいため、急遽レンジ2のエンペラー戦に変更。
以下着席順、中央がエンペラー(敬称略)
 老師 −  山拓 − RumiS
紅葉屋 − Rebecca − 煩悩

使用デッキが
 老師氏 … 黒ハンデス
 山拓氏 … ビースト招集
 RumiS 氏 … 黒赤ビートダウン?
 紅葉屋氏 … コモン黒コン
 Rebecca 氏 … 赤火力
 煩悩 … リストークン
かな?

Rebecca 氏が2ターン目に出した Mana Flare(Rv) の影響で各自早いターンにクリーチャが出る出る(w 自分はマナコストが奇数のカードが大半だったので実はやりにくかったが、奇数マナの端数は Deserted Temple(OD)で土地を起こし、Krosan Restorer(TO) や Gaea's Cradle(US) でマナ加速し、 Deranged hermit(UL), Chatter of the Squirrel(OD), Parallel Evolution(TO) を flashback まで 使いリストークンを倍々にし、Epic Struggle(JU) で勝ってしまった。

土曜日で比較的遅くまでプレイできたと言うのはあるにせよ、流石にサイドイベントを2つやる のは企画としてもプレイヤー側の気力体力そして時間的にも無理そう。
あんまり欲張らない方が、流れとしてはスムーズになりますね。

終了後の飲み&食事会で何故か Unglued の話に盛り上がる。
アングルも 1998年に WoC を揚げたネタブロックだから、これでスカベンジャードラフトをやっても ネタとして楽しめるかは参加者によるだろうと言う話も(w
Unglued については → http://jfk.magic.asuka.net/mtg/UG_list.txt

ドラフトについて:
何のドラフトやるにしても、参加は強制ではないです。そうでないケースとかあるのかな? 昨日も初心者2人含めて参加してましたけど、分からないカードは観客に回っていた名も無き者氏ら が彼らにアドバイスしていました。雰囲気は馴れ合いでも殺伐でも無いとは言えます。
プレイ感覚を学ぶ意味でも、気軽にやってみていいと思いまつ。

Magic: The Gathering Copyright (c) by Wizards of the Coast, Inc. All rights reserved.
Since 2003.07.29 Link Free