鳥取レポート

top > report > 11/24

亀氏
とりあえず、11/24鳥取大会のレポ
フォーマットはタイプB
定員16名のところに20名以上の参加の申し込みがありましたが
会場の収容人数の都合により18人のスイス式4回戦で開催。
前回が14人参加で、今回が上限一杯の18人ということで
2回連続でこの企画は一応成功したと言ってもいいかなと思っております。
参加者及びスタッフの方々やお店の関係者の方には心よりお礼を申し上げます。

とりあえず自分の試合レポから
使用デッキは、白ウイニー(4E,ONS,MRD)
そのまんま現行スタンダードの白ウイニーに
無理やり《ハルマゲドン/Armageddon(6E)》と
《解呪/Disenchant(6E)》を突っ込んだもので
もしも今のスタンダードにこいつらがいたらと
そんな妄想から作成w
通算で4戦2勝2敗 13位/18人でした。
[第1試合]
vs 修繕(6E,US,MM) 6位/18人
××
展開した軽量クリーチャーは《からみつく鉄線/Tangle Wire(NE)》に封じられ、
《マスティコア/Masticore(UD)》に焼かれ、自分のマナは
《ミシュラのらせん/Mishra's Helix(UZ)》に完封され投了。
《ハルマゲドン/Armageddon(6E)》は撃てず鬱だ氏のう・・・。

[第2試合]
vs 赤緑エルフデッキ(4E,US,MM) 16位/18人
×○○
1本目
エルフ軍団と《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle(UZ)》からの
膨大なマナから《キマイラ杖/Chimeric Staff(UZ)》に
《怨恨/Rancor(UL)》を貼って殴られて即死
2本目
何とか数で押し切って殴り勝つことができました。
3本目
相手がクリーチャー事故を起こしている間に
《骨断ちの矛槍/Bonesplitter(MRD)》を重ね貼りした《銀騎士/Silver Knight(SCG)》で殴り、
ブロッカー用に相手が《ギトゥの宿営地/Ghitu Encampment(UL)》を
場に出した直後のターンに《ハルマゲドン/Armageddon(6E)》を久々に撃ってこの日初勝利。
このデッキ、他の試合では歩く《猛火/Blaze(6E)》とも言うべき
《ケルドの軍監ラトゥーラ/Latulla, Keldon Overseer(PR)》が
膨大なマナで猛火を撃ちまくったとの報告も聞いております。
(((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

[第3試合]
vs 黒緑白赤マシーンヘッド(7E,MM,IN) 8位/18人
○×○
《極楽鳥/Birds of Paradise(8ED)》から《ブラストダーム/Blastoderm(NE)》
《はじける子嚢/Saproling Burst(NE)》《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu(PS)》と
展開して《魂売り/Spiritmonger(AP)》まで登場してきたので、対戦中は
黒入りのFiresだとばかり思っておりましたが・・・。
相手の《魂売り/Spiritmonger(AP)》はこっちの《鞭縄使い/Whipcorder(ONS)》
2体でタップして殴られずにすみましたが、《ブラストダーム/Blastoderm(NE)》には
かなりボコボコにされました。
《レオニンの空狩人/Leonin Skyhunter(MRD)》等のこちら空軍はことごとく
《終止/Terminate(PS)》に撃墜され、《オアリムの詠唱/Orim's Chant(PS)》の
キッカー付を連打されて攻撃も封じられましたが、装備品を付けたプロテクション付の
地上軍(《白騎士/White Knight(LGN)》《銀騎士/Silver Knight(SCG)》)で
何とか殴り勝つことができました。

[第4試合]
vs 赤黒ハンデス(4E,US,IN) 8位/18人
○××
ハンデスの前には《浄火の板金鎧/Empyrial Plate(MRD)》は紙にw
2体の《燃え立つ死霊/Blazing Specter(IN)》はストーム付の
《翼の破片/Wing Shards(SCG)》で何とか迎撃しましたが、場に残った
《拷問の車輪/Wheel of Torture(UL)》と拷問台(4E)にチクチクと
ライフを奪われ反撃も届かず・・・。

[総合成績]
1位 緑コントロール(4E,US,MM)
2位 ステイシス(5E,US,MM)
3位 赤単バーン(4E,IA,MI)
皆様お疲れ様でした。
次回は12/20です。

今回のデッキw
【デッキ集】に収録しています。

Magic: The Gathering Copyright (c) by Wizards of the Coast, Inc. All rights reserved.
Since 2003.07.29 Link Free