水戸レポート

top > report > 01/04

(仮名)氏
用事があったついでに4日の水戸だーどに参加してきました。
若い子がいっぱいで老体には眩しい限りでしたが、とても楽しかったです。
持参したのは前日組んだウォンバット&エンチャントレスデッキ。
試合は7名での総当たり戦でした。以下覚えている限りのレポ。

1人目 黒単フェイジデッキ ○○
お相手は手触りの良さそうな(?)頭の男の子。こっちは最近のカードを知らず、
向こうもこっちのカード(4th−US−MM)がわからず、お互いカードの効果を聞きながらデュエル。
向こうの沼が4枚並んだところで相手が『Extraplanar Lens / 超次元レンズ』をプレイ。
「なんですかソレ?」と効果を聞いた後で真っ青になり、あわてて『Rethink / 再考』!
そのままエンチャントレスで押し切ることに成功。
しかし1ターンフェイジが出るのが早かったら・・・と考えるとガクガクブルブルでした。

2人目 親和デッキ ××
手触りの良さそうな頭の男の子その2。1戦目、本日初事故。
2戦目、エンチャントレスが7/7まで育つが、8/8のブルードスターに負ける。

3人目 黒単ゾンビデッキ ××
お相手は以前レベッカさんが対戦されたと言うリアル小学生の男の子。
レベッカさんのレポにもあったように、えらいお強いです。
1戦目 土地6枚だったんですが、後手だったのでこの後からなんか引くでしょうと
スタートしてみたら引いても引いても土地ばかり…ゾンビの戦長3体に綺麗に殴られました。
2戦目も土地多めでしたがなんとか持ち直し、向こうが逆に事故り気味。
いける?と思ったらサイクリング→サイクリング→ヴィサラ光臨。モキュー。

中休み後、4戦目 らせんデッキ ××
今度は2戦とも初手に土地がこない。ええ、ちゃんとマリガンしましたとも。
お相手は2ヶ月前の池袋の思い出がよみがえるらせん厨さん。
リベンジ!と意気込んでみたものの、1戦目 ワームに撲殺。 
2戦目 かなり相手を追い詰めたところで悪夢の無限ターン開始と
負け展開まで2ヶ月前とそっくり同じでした(つд`)イイモンゼフィドトオッタカラ…

5戦目 催眠の宝珠デッキ ○○
ダブルマリガンした気がします。(この辺りから壊れはじめてアヒャヒャ(゚∀゚)とか言い出す)
『Mesmeric Orb / 催眠の宝珠』でライブラリアウトを狙うデッキだったそうで
こっちのライブラリが15枚とか墓地に落ちてゆくのは壮観でした。
しかしクリーチャーに殴られるのには弱いんですよとご本人がおっしゃるとおり相性勝ち。
2戦目ではサイドインした『Energy Flux / 魔力流出』が初めて活躍。
というか毎回のようにサイドインしてたのに引かなかった自分って…orz

6戦目 ゴブリンバーン ××
ラストは今日一番の事故りっぷりでした。
ダブルマリガンしても絶望的な状況に、もはやアヒャヒャ(゚∀゚)と笑うしかなく
唯一出したラノエルをギャラリーに「焼いたら勝てるよ〜」といわれ「そうだよ〜」と尻馬に乗る始末。
2戦ともそんな感じだったので何もできず、相手の男の子がつまらなそうでした。
ごめんね。決して手を抜いていたんじゃないんだよう…(つд`)

終わった後あまりの事故っぷりに、ある男の方に「どんなデッキか見せてください」といわれデッキを渡す。
「あれ?そんなに事故りそうでもないのにな…ちょっと回してもいいですか?」「どうぞ」
・・・土地引かない。(爆)
土地23枚(サイド後は24枚)、ラノエル&極楽鳥3枚ずつですが、何か?(笑)

優勝は親和デッキでした。自分は2−4−0でブービー賞の商品をゲッツ。
主催者さま、ありがとうございました。

訂正。5戦目はダブルマリガンしてないかも。
記憶があやふやですみません。

らせん厨氏
あけましておめでとうございます1/4水戸遠征記
参加者7人による総当たり戦。持っていったデッキは赤青らせんデッキ。
以下順番はあやふやかもなレポ

1戦目赤単コモンゴブリン
怒り狂うゴブリンやゴブリンの戦車が骨断ちの矛槍を装備して殴るデッキ
こちらの除去がソーサリーばかりなので速攻ダメージがじわじわと効いてくる
2戦ともにコンボ到達前に火力でこんがり焼かれる。

2戦目親和
割と手広い形の親和
カウンターにバックアップされた親和クリーチャーのビートダウンが止まらない
そこからブルードスターにつなげられ2連敗。

3戦目空飛ぶフェイジ
ただれたゴブリンなどにニューロックの滑空翼などの装備品が付き殴ってくる
ビートダウンにしてはテンポの悪いデッキだなあと思っていると超次元レンズが。
更に訳が分からなくなっているところに、出てきたクリーチャーを見て疑問は氷解。
フェイジだ。
すねあての付いたフェイジに鮮やかに殺される。
負けてられるかとこちらも物静かな思索かららせんにつなげてワームの群れで撲殺。

4戦目ウォンバットエンチャントレス
らせんワームで1本目を取った後2本目メタスランの精鋭にゼフィドの抱擁が。
あれをどうにかする手段は無い。もたもたしている暇はないと必死にカードを引いて
ようやく無限ターン突入。

5戦目ゾンビ
相手はここまで無敗のゾンビ
1本目燃え立つ願いと時間の伸長を刻印して無限ターンへ。
2本目萎縮した卑劣漢を出される。極度に墓地に依存するデッキの為コイツはマズイ。
神秘の教示者経由の炎の稲妻でご退場いただく。卑劣漢を警戒しつつキーカードを暖め、
らせんワームで一気に決める。

6戦目催眠の宝珠−ガイアの祝福
催眠の宝珠によるライブラリーアウトデッキ。とにかく尋常でない量のカードが落ちる。
カウンターを基調にした丁寧なプレイングが印象的。
マストカウンターをきっちりカウンターされ等時の王笏を突破出来ずにライブラリーアウト。

いつもの場所とは違うデュエルは年始めの気分もあいまって新鮮な気分で臨めました。
Erieleさん参加者の皆さんありがとうございました。

2ちゃんだーど主催者参加者参加希望者関係者の皆々様、2004年もよろしくお願い致します。

Magic: The Gathering Copyright (c) by Wizards of the Coast, Inc. All rights reserved.
Since 2003.07.29 Link Free