[Home]

レポ1: ネタ蒔き時氏
レポ2: 煩悩魔人氏
レポ3: 老師氏
レポ4: めい氏
第71回邪悪魔法使い決定戦! トーナメント参戦レポート

date:2003/11/03
Written by ネタ蒔き時氏


邪悪魔法使い決定戦に出場してきました。以下レポです。


ミラディン解禁直後と言う事もあって、様々なデッキが試されてる中で
今回選んだのは「親和デッキ」。アーティファクト土地を連打して
マイアの処罰者や金属カエル、ブルードスターなどで勝つデッキだ。
使用するレアが少なくお財布にやさしいのも選んだ理由だったりするw
使用したレシピはこちら

4:《教議会の座席/Seat of the Synod(MRD)》
4:《大焼炉/Great Furnace(MRD)》
4:《古えの居住地/Ancient Den(MRD)》
4:《空僻地/Glimmervoid(MRD)》
2:《島/Island(MRD)》

4:《金属ガエル/Frogmite(MRD)》
4:《マイアの処罰者/Myr Enforcer(MRD)》
3:《ブルードスター/Broodstar(MRD)》

4:《発展のタリスマン/Talisman of Progress(MRD)》
4:《物読み/Thoughtcast(MRD)》
4:《知識の渇望/Thirst for Knowledge(MRD)》
4:《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb(MRD)》
4:《マナ漏出/Mana Leak(ST)》
3:《踏みにじり/Override(MRD)》
3:《溶接の壺/Welding Jar(MRD)》
2:《稲妻のすね当て/Lightning Greaves(MRD)》
3:《爆片破/Shrapnel Blast(MRD)》

SB
4:《粉砕/Shatter(MRD)》
3:《野火/Flashfires(8ED)》
2:《沸騰/Boil(TE)》
3:《光の大嵐/Tempest of Light(MRD)》
3:《赤の防御円/Circle of Protection: Red(8ED)》


一回戦 対黒コン
一戦目、こちらのハンドはかなりいい状況。2ターン目に早々と金属カエルをプレイ。
その後もドロースペルを連発しながらブルードスター+すね当てで瞬殺。
二戦目、お互い引きが芳しくなく、こちらの金属カエルがちまちま殴る展開になる。
相手のライフが11になった場面で相手がファイレクシアの闘技場をプレイ。
こちらの場には黄鉄の呪文爆弾があり、手札には爆片波が。
こちらのターンで金属カエルが殴り相手のライフは9。返しで魂の消耗さえ来なければ勝てる。
運命のドロー・・・・・魂の消耗は打たれなかった。そのまま火力で燃やして勝利。
○○  1-0-0

二回戦 対白ウイニー
一戦目、早々に相手がレオニンの古老をプレイ。そのおかげで相手のライフが30以上にw
こちらも引きはいいのだがいかんせんクリーチャーを引かない。
ようやく引いたブルードスターも鞭縄使いの前では単なる置物でしかない。
まずいなぁ・・・と思ってると爆片波をドロー。そのまま鞭縄使いを燃やして圧殺。
二戦目、相手がマリガンの末に土地事故。クリーチャーも土地も引かない相手を尻目に
こちらは非常なまでのドロー呪文連打。マイアの処罰者*2の後に野火をプレイして終了。
○○  2-0-0

三回戦 対スレイバーチェイン
精神隷属器蒸気の連鎖のコンボで相手の場を崩壊させる事を目的としたデッキ。
一戦目、相手がマリガンの末に土地事故。ようやくキャストした真面目な身代わり
非情にもマナ漏出でカウンターされる始末。その隙に金属カエルが相手のライフを10まで削り、
手札にあった爆片波*2で終了。
二戦目、2ターン目に金属カエル、4ターン目にマイアの処罰者*3。
挙句の果てに相手の精神隷属器は粉砕で破壊したとあっては負けるはずも無く。
○○  3-0-0
四回戦 対赤単速攻スライ
速攻持ちのクリーチャーのみで構成されている赤単。
一戦目、こちらの展開がまごついている間に相手の炎歩スリスが4/4まで成長する。
さすがにこれ以上殴られると命に関わるので爆片波でご退場願う。
その後金属カエルとマイアの処罰者で場をガッチリさせ、追加の処罰者で殴りきる。
二戦目、2ターン目に赤の防御円をキャストする事に成功し、
あとはゆっくりと・・・・と思っていたらゴブリンの放火砲が登場w激しくマズイ
ダメージレースを強制させられたのでやむを得ずドロースペルを連発。
相手の放火砲が今ひとつ火を噴かなかったのが幸いして10/10ブルードスターで殴りきる。
○○  4-0-0

五回戦 対黒単クレリック
腐れ肺の再生術師やら陰謀団の執政官やらで殴るデッキ。
一戦目、相手のハンデスをすべてカウンターでいなしきる。
そしてハンデスにとっては悪夢である物読み*3、知識の渇望*3と言う手札を存分に活用し
金属カエルとマイアの処罰者で殴りきる。
二戦目、相手が1ターン目に金属モックス*2から腐れ肺の再生術師をキャストw
さすがにあせるが相手は次のターンに執政官をキャスト。さすがにモウダメポ。
と思っていると爆片波、マイアの処罰者と連続ドローしなんとか場を膠着させる。
この時点でライフは4。相手の場には定員過剰の墓地があり、まごまごしてれば
こちらが負けるのは確実。自然とドローに力が入る・・・・

物読み→ブルードスター(9/9)稲妻のすね当て

マジックかーんたーんw
○○  5-0-0

六回戦 対赤緑ヘビー
ほぼ緑単色のヘビークリーチャーデッキ。
一戦目、こちらが鬼周り。4ターン目に10/10ブルードスターが出れば負けるはずもなくw
二戦目、相手が帰化ヴィリジアンのシャーマンと連続してこちらの土地を破壊してくる。
こちらがもたついている間に6/6が現れ、無残にも蹂躙される。
三戦目、こちらが軽快に飛ばすものの・・・・相手の場に白金の天使が光臨するw
爆片波を引かなければこちらに勝機はない・・・・と思いつつターンを進めていき・・・
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
そのまま爆片波*2で天使を除去し勝利。相手のライフは-28でしたw
○×○  6-0-0
と言うわけでなんと邪悪魔法使い決定戦で始めての優勝を経験してしまいましたw
いやはや、これまで「あと一歩」がクリアできずに嘆いていた事を考えると喜びも一入です。
大会後に感じた事は、赤ボムより青ボムを優先するべきだと言う事、
それとサイドボードの見直しですねw光の大嵐と沸騰は結局一度も使いませんでしたw
これを足がかりに、チバドラでも優勝を狙っていきたいと思います。

date:2003/11/03
Written by 煩悩魔人氏


今日の邪悪魔法使い決定戦簡易レポ。

カナーリ久しぶりのスタンダード公式戦。と云っても雰囲気は比較的マターリ。
旧渋谷 DCI センターや広かった頃の新宿ハイパーアリーナの殺伐とした
ところとは大きくかけ離れた世界なのは、自分にとって新鮮だった。
今日は前回 2chd からあまり変化の無い青赤銀親和デッキで臨んだが、
1-3 になった時点でドロップ。
とはいえ、全てのマッチで時間一杯使って接戦だったこともあり
あともう少し手を伸ばせれば勝利に届きそう。
ドロップ後のネタ蒔き氏の同系デッキのプレイングを見て、自分のに
足りない部分がはっきりしたので帰宅後早速デッキ&サイドボード改造。


1戦目:黒コン ○×○
 ハンデス&Grid Monitor(MR)Oblivion Stone(MR)を中心としたコントロールデッキ。
 Mind Sludge(8th) 嫌〜〜〜
 今日は Grid Monitor 使ったコントロールデッキを多く見かけた気がする。

2戦目:赤緑ランデス ×○×
 Stone Rain, Molten Rain(MR), Demolish(8th) などで徹底して土地破壊。
 Naturalize(8th) でこちらのアーティファクト土地が壊されるのは何か嫌げ(w

3戦目:白青パーミッション&兵士トークンイソクロ風味 ××
 序盤のうちからIsochron ScepterRaise the Alarm(MR)を刻印されCoat of Arms(8th)
 まで出され撃沈。2本目は更にイソクロ+Mana Leak(8th)(涙
 しかし相手がMarch of the Machines(MR)を出してくれたおかげで
 こちらの赤呪文爆弾でイソクロ破壊。動員令(ON)で増殖した1/1 トークンたちは
 めった切り(ON)のサイクリングで一掃するも後一歩届かず。
 March of the Machines でアーティファクト土地が一斉に沈むのは盲点ダタ(w

4戦目:青緑ビートダウン ×○×
 Explosive Vegetation(ON)Krosan Tusker(ON)サイクリングでライブラリ圧縮、
 Tooth and Nail(MR) で高速召喚。これで出されたプラ天、アクローマ
 Plated Slagwurm(MR) がまたウザ杉(w


とはいえ、こういう緊張感も心地良かった。
気楽な方のスタン大会には学ぶところも多いし、いろいろ参加したいですね。

date:2003/11/03
Written by 老師氏


昨日は参加した皆さん、乙でした。レポになってるか解らないけど晒しますw
初めて出た公式戦。でも、思ったより殺伐としてなくて良かったですw
DCIカード作って早速登録。デッキの中身はこんな感じでした。

赤・青(親和寄り)詰め合わせ(8th−MRD)
10 山(MRD)
4  島(MRD)
4  大焼炉(MRD)
4  教議会の座席(MRD)

4  トゲ撃ちゴブリン(MRD)
2  炎歩スリス(MRD)
2  鋼の壁(MRD)
2  ボトルのノーム(MRD)
2  ヨーティアの兵(MRD)
2  マイアの処罰者(MRD)  正直4枚入れたかった
2  磁石マイア(MRD)

4  ショック(8th)
2  手綱取り(MRD)
1  爆片破(MRD)
4  物読み(MRD)
4  溶接の壺(MRD)
3  レオニンの円月刀(MRD)
1  稲妻のすね当て(MRD)  直前に円月刀と入れ替え
2  太陽のしずく(MRD)
4  チス=ゴリアの歯(MRD)
サイドボード
4  黄鉄の呪文爆弾(MRD)
2  ニューロックの滑空翼(MRD)
3  厳粛な空護り(MRD)
4  粉砕(MRD)
2  爆破(MRD)

壁かスリスを展開しつつ、磁石マイアが十分育ちそうな環境になったら
出撃で倒そうと考えてました。ゴブリンは対ウィニー&直接火力。
青は物読みしか入って無いけど、2枚島を残しておくと相手が警戒して
くれると思った(実際そうだった)ので。
・・・まぁ初心者なのでツッコミ入れたい所はたくさんあると思うのですが
生暖かい目で見てやってくださいw

結果は0−3−1でドロップ
見事な玉砕でした。
カード名とかいまいち解らないのでレポになるかどうか・・・

1回戦目 5色スリヴァー ○−X 時間切れ

相手はスリヴァー色々セットでした。
1戦目、一番やっかいだったのが《精油スリヴァー/Essence Sliver(LEG)》《墓所スリヴァー/Crypt Sliver(LEG)》
斬っても焼いても死なないし、ライフはガンガン増えるし。なんかライフ60ですとか言われてるしw
そうこうしてるうちに《世界薙ぎの剣/Worldslayer(MRD)》が精油スリヴァーにセット。
さらに《最上位/Alpha Status(SCG)》もセットされる。
が、ここで手綱取りを唱えて精油スリヴァーごと頂き相手を攻撃。
相手は本体を選んだので世界薙ぎを残して全部墓地へ(相手は何故か再生を使わなかった)
綺麗になった所でまたスリヴァー+世界薙ぎ。 本体で受けて2度目の発動w
相手の土地が出なくなったのでこっちの反撃かと思ったらライブラリーアウトで勝利。
2戦目、素早くスリヴァーを展開されて何もできないままスリヴァーに食い殺されるw早っ!
そこで時間切れのため引き分け。

2回戦目 メガエイトグ X−X

相手の早いプレイに飲まれ気味に。つか、何か怖い人でした。
こっちがクリチャー引けない状態が続いた為、あっという間に《メガエイトグ/Megatog(MRD)》が。
バクバク食べて21/22に成長。撲殺。
2回目も相手のペースに飲まれそうになったけど、炎歩スリスが活躍。
ライフを6まで削ったがメガエイトグの前には子供でした。

3回戦目 青黒親和 ○−X−X

何か色々なギミックが仕込まれた親和デッキ
1戦目、相手の事故の隙に炎歩スリスとトゲ撃ちゴブリンがまわり速攻勝利。
炎歩スリス恐るべし。
2戦目、また相手が事故っぽかったがこちらも事故。相手の親和の方が勝ってて
ブルードスターで殴られて終わり。
3戦目、スムーズ展開&《嘘つきの振り子/Liar's Pendulum(MRD)》でドローされて
最後はエイトグを手綱とりで投げられEND。

4回戦目 黒単ゾンビ召集 ○−X−X

既にバテバテ状態になってましたw
初めて見たゾンビ召集。どうやって対応したらいいのか。
1戦目、出てくるゾンビをショックやゴブリンで焼きまくるが《定員過剰の墓地/Oversold Cemetery(ONS)》
呼び戻される展開に。諦めて本体にショック+爆片破+ゴブリンビームで削る。
最後は磁石マイアを手綱取りで投げて勝利。
2戦目、1戦目と同じような展開だが《沈黙の死霊/Silent Specter(ONS)》が出てきて一変。
飛行には弱いデッキなのでそのまま殴られ&捨てさせられ敗北。
3戦目、サイドから円月刀→滑空翼を入れて開始。
が、滑空翼でてこなーい。そんな間に相手は知識の渇望で墓地にゾンビ満載w
定員過剰の墓地+《総帥の召集/Patriarch's Bidding(ONS)》でゾンビイパーイ
ゾンビまみれになって死亡。

こんな感じでした。
実際、もっとガチっぽいデッキばかりかと思ったけどファンデッキとかも多くてビックリ。
とても楽しかったです。
ネタ蒔き氏のプレイは鮮やかでしたー すげー

date:2003/11/05
Written by めい氏


第71回邪悪魔法使いレポート(改訂版)


ミラディンがスタンダードに入ってから初めての公認大会参加。今回使用したデッキ
は黒緑コントロール。実は調整に結構時間をかけていたりする。以下は今回のレシピ

11 
5 
1 
2 大闘技場
2 真鍮の都
1 争乱の崖地

4 極楽鳥
4 ぶどう棚
4 クローサの大牙獣
4 貪欲なるベイロス
3 ネクラタル
2 腐食ナメクジ
1 戦慄をなす者ヴィサラ
1 映し身人形

4 忍び寄るカビ
4 すき込み
2 迫害
2 力の確約
2 魔性の教示者
1 定員過剰の墓地

(サイドボード)

4 恐怖
2 蔓延
2 迫害
2 ナントゥーコ自警団
1 萎縮した卑劣漢
2 鉤爪の統率者
1 腐食ナメクジ
1 ネクラタル

第1回戦 赤黒ゴブリン

今回はメインボードから恐怖などを引き上げたバージョンなので、初戦、相手が鬼回
りした場合ほぼ勝てない仕様になっている。とゆうか鬼回りしたゴブリンには何して
も勝てませんが。まあ序盤を乗り切りさえ何とかなるはずということでw

1戦目。極楽鳥やぶどう棚がないが、ベイロス×2とネクラタルがあるのでキープ。
展開次第で何とかなるはず… 相手手札カンペキでした、4ターンで撲殺。予想通りだw

2戦目。サイドを対生物用にチェンジ。わき出るゴブリンを片っ端から除去しまくっ
て蹂躙。うむこれも予想通りだw

3戦目。手札に3体のネクラタルと恐怖と壁を抱えてスタート。壁を展開し序盤撲殺
を防ぐ。ただ相手も順当な展開をしていく。群衆追い2体と火花鍛冶などネクラタル
で始末しつつ、場のコントロールを掌握することに成功。ネクラタルを攻撃にだし、
争乱の崖地をだしてベイロスを召還しターンを返す。だがこのベイロスを恐怖で速攻
除去され(もちろんライフに変換しましたが)返したターンで戦長と群集追いなどが
展開し突撃… ライフを0にされますた。…これだからゴブリンは怖いw

×○× 0−1−0


第2回戦 緑青大型クリーチャー

1戦目。2ターン目にお互いぶどう棚を展開しあうが、双方何もでないw すきこみ
を撃つも巻き直しでカウンターされる。ネクラタルにも反応するなど、なんかマナ源
に対してさわられることを嫌う傾光がある。その後迫害が通り青を指定すると、青な
ど無くそこにはアクローマと強奪する悪魔が…その後相手が歯と爪をプレイし、2体
が場にでる。アクローマは人形で始末するも飛行悪魔が止まらない。ベイロスで地道
にライフを回復して耐えるも打開策がこず、さらに相手が板金鎧の金屑ワームを召
還。耐えきれずに死亡。てかそいつ除去れねえよ…

2戦目。緑しかでません。クリーチャー来ません。相手板金鎧がでました…

×× 0−2−0


第3回戦 5色スリヴァー

いきなり2敗し鬱になったところで、なんだかよくわからないすごいデッキに遭遇w

 1戦目。緑スリヴァーがでてきて驚くw 展開がおそい。ネクラタルなどを駆使し
て除去しヴィサラ降臨。負けるはずもなく。

 2戦目。スリヴァーやクローンなどをだしてくるも、定員過剰の墓地が割られず大
牙獣やらなにやらがまわりまくる。でヴィサラw レギオンスリヴァーって劣化コ
ピー品だなあと痛感w

○○ 1−2―0


第4回戦 赤黒ブリッジバーン

1戦目。罠の橋を貼られベイロスが攻撃不能になるも、定員過剰の墓地による大量の
アドバンテージを獲得。ヴイサラをだし、力の確約を双呪でうち宝破壊が引ければほ
ぼ勝ちなのに…何故引けませんか?さらに大牙獣で何回も何回も引いても引いてもカ
ビが来ませんw 来ませんったら来ませんw 4枚も入ってるのに、ライブラリーが
10枚切ってるのに来ませんw まあほぼコントロール仕切ってたんで勝ちました
が… 自分の引きの悪さが日本で2番目だと痛感w

2戦目。宝破壊と手札破壊で圧勝。しかし邪悪はみんなオリジナリティあり過ぎで
す。メタってなんですか?と小一時間(ry

○○ 2−2−0


第5戦目 赤土地破壊

1戦目。石雨、溶鉄などで土地を次々に割られるも、クローサの大牙獣で土地を補給
し続ける。土地破壊が切れたところからこちら側のコントロールモードに。ナメクジ
紅蓮地獄×2と赤ボムで除去られるも、教示者で2体目をサーチ。まあ負けるはず
もなく。

2戦目。大牙獣様マンセー。ナメクジ様マンセー。

○○ 3−2−0


第6戦目 青白カウンターポスト

1戦目。急報によりインスタントででてきた兵士トークンがなぐってくる。カウン
ターに擁護されたデッキがこの系を持つと強いこと。ぶどう棚をだし、ネクラタルが
通り場を掌握するも、まあ当然のごとく神が怒る。その後すきこみでカウンターを消
費させつつ、ベイロス召還成功。殴りきる。

2戦目。事故。で、兵士が大量に…キモいよー。兵士が倍々ゲームで増えてくよー

3戦目。イソクロ、動員令を次々に破壊。そして迫害を撃つ。これはカウンターされ
るだろうと思ったが通る。少し考え白を選択。すると神の怒り、翼の破片などが落
ち、マナ漏出のみが残る。その後残っていたマナ漏出をすきこみで使わせ、ベイロス
を召還。で殴りきる。

○×○ 4−2−0

結果、4勝2敗で13位でした。最初の敗北と対抗色デッキ故の事故、サイドボード
などの作りこみの甘さもありますが、まあまあ戦えるデッキに仕上がってることがわ
かっただけでもいいかなと。

注)一部誤字修正しました。お気付きの点ございましたら管理人迄連絡下さい。