[Home]

The Finals 2003 レポート

date:2003/12/30
Written by ネタ蒔き時氏


一日目(スタンダード)

使用デッキ
メイン
20《山/Mountain(MRD)》
《金属モックス/Chrome Mox(MRD)》
《スカークの探鉱者/Skirk Prospector(ONS)》
《炎歩スリス/Slith Firewalker(MRD)》
《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver(ONS)》
《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief(SCG)》
《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander(SCG)》
《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator(LGN)》
《溶鉄の雨/Molten Rain(MRD)》
《石の雨/Stone Rain(8ED)》
《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher(MRD)》
サイド
《野火/Flashfires(8ED)》
《火花鍛冶/Sparksmith(ONS)》
《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter(ONS)》
《粉砕/Shatter(MRD)》
《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt(MRD)》

デッキはずっと調整してきたゴブリンランデスを使用することに。
青白に耐性があり、他のデッキも速度で圧倒できるのでかなり使いやすかった。
サイド後に投入されるであろう赤の防御円凶運の首輪で対策。
(するはずだったんだけど、手に入らず断念することにw)
デッキの原案はイノケンが予選で使っていたデッキ。
本選当日は漏れとイノケン、それにチバドラで馴染みの平山君の三人で
ゴブリンランデス軍団を結成することになるw

ラウンド1 青白コントロール
いきなりメタ本命のデッキと戦うことに。相性のいい相手だけに確実に勝ちたい所。
一戦目、山2 探鉱者 モックス 石の雨2 溶鉄の雨 と言う手札で始める。
順調に土地破壊するが・・・・相手のドローが全部土地(‘A`)
そのまま賛美天使が降臨し、綺麗に撲殺される。
二戦目、山4 群集追い 焼却者 司令官 の手札をキープする。
・・・・ウルザの激怒をキッカーでプレイできる状況になりましたがなにか?
そのままエタドラと兵士トークンに殴り殺されました。
手札のモックス三枚が悲しげですた。
0-1-0

ラウンド2 青白コントロール
またまたメタ大本命のデッキと対戦することに。
一戦目、こちらがバカ周り。土地壊しまくりゴブリン殴りまくり。
二戦目、軽快にランデスするも相手の土地が止まらない。
そのまま天使が降臨し、綺麗に5パンチされて終了。
三戦目、1ターン目にスリスを出せたものの、赤の防御円が降臨。
モウダメポ・・・・と思ったところで放火砲ドロー。うーん、素晴らしい。
そのままチャベル14点でフィニッシュ!
1-1-0

ラウンド3 赤白スライド
最近あまり見かけなくなったスライドとの対戦。
一戦目、ひたすらランデスを連発する。相手に赤マナを揃わせない。
最後はゴブリンで圧殺完了。
二戦目、赤の防御円をうらめしげに見ながら焼殺される。
三戦目、土地破壊VS赤の防御円の形になり、最後は司令官二連打で勝利。
2-1-0

ラウンド4 赤単コントロール(彳氏)
以前2CHDに来ていただいた事のある彳氏との対戦。
相手のデッキは赤単で雲上の座邪神の寺院を利用するコントロールデッキ。
一戦目、こちらのクリーチャーを綺麗にコントロールされ、猛火で焼殺。
二戦目、ランデスが綺麗に突き刺さり、そのまま撲殺。
三戦目、3ターン目に放火砲降臨。
起動! ・・・・12てーん
起動! ・・・・6てーん
チャベルは強いなぁw
3-1-0

ラウンド5 白黒クレリック
日本選手権ベスト8の前川氏との対戦。
一戦目、4ターン目に崇拝降臨。場にはすね当て装備のプロゴブクレリックが。
二戦目、崇拝+すね当て装備したレオニンの高僧=(‘A`)
3-2-0

と、ぎりぎり首の皮一枚つながった状態で二日目を迎えることに。
「明日は4-0-1しなきゃ」と口ずさみながら半ばあきらめムードになったりw


二日目(エクステンデッド)

使用デッキ
《島/Island》
《沼/Swamp》
《山/Mountain》
《汚染された三角州/Polluted Delta(ONS)》
《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire(ONS)》
《地底の大河/Underground River(7E)》
《シヴの浅瀬/Shivan Reef(AP)》
《金属モックス/Chrome Mox(MRD)》
《サイカトグ/Psychatog(OD)》
《対抗呪文/Counterspell(7E)》
《記憶の欠落/Memory Lapse(7E)》
《もみ消し/Stifle(SCG)》
《蒸気の連鎖/Chain of Vapor(ONS)》
《嘘か真か/Fact or Fiction(IN)》
《知識の渇望/Thirst for Knowledge(MRD)》
《渦まく知識/Brainstorm(MM)》
《狡猾な願い/Cunning Wish(JUD)》
《等時の王笏/Isochron Scepter(MRD)》
《火+氷/Fire+Ice(AP)》
サイド
《強迫/Duress(7E)》
《寒け/Chill(TE)》
《死体のダンス/Corpse Dance(TE)》
《再建/Rebuild(UL)》
《投げ飛ばし/Fling(ST)》
《嘘か真か/Fact or Fiction(IN)》
《棺の追放/Coffin Purge(OD)》
《もみ消し/Stifle(SCG)》
《破壊的脈動/Shattering Pulse(EX)》
《悪魔の布告/Diabolic Edict(TE)》

使用したデッキはサイカトグ。
練習をまったくせず、デッキも前日深夜にあるもので組んだと言う体たらくw
「一敗しちゃったらドラフトしにいこうか」なんて話しながら会場入りする。
それでも一応サイドに投げ飛ばしというシークレットテクを用意してみたり、
無駄な抵抗ともいえる努力をしたりしなかったり。

ラウンド6 白青ウイニー
いきなり想定外の相手と対戦。
一戦目、相手先攻1ターン目にサバンナライオンが二体登場する。
こちらの手札に除去は無し。綺麗にそのまま撲殺される。
二戦目、1ターン目にイソクロ火氷、3ターン目にイソクロカンスペ。
三戦目、相手の攻め手が細く、安心してると減衰のマトリックスが登場するw
どうすりゃええねんと嘆いているとさらにもう1枚登場する。
あー、終わったかな?と思っていると願いを二枚ドロー。
こちらのライフは4、相手には賛美されし天使とサバンナライオンが。
相手のエンドに願い→再建、願い→投げ飛ばし。
こちらのメインで再建→サイカ→パンプ→投げ飛ばしでぎりぎりの勝利。
4-2-0

ラウンド7 青単ティンカー(イノケン)
ついに恐れていた身内対戦が実現してしまう。どうなることやら。
一戦目、こちら先攻1ターン目にイソクロメモラプ完成。
イノケン「なめんな!w」
ネタ蒔き「(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャヒャ」
そのままゆっくりとサイカで撲殺する。
二戦目、相手の引きがずっこいw強迫した次のターンにチャリス置くなよ!
で、願い経由で破壊的脈動バイバックモードに突入し、勝ったかと思ったその時
イノケン「あ、マイアの保育器引いたw」
ネタ蒔き「(‘A`)」
それと同時に時間終了の合図が
4-2-1

ラウンド8 サイカトグ
同キャラ対戦はマンドクセ
一戦目、よく覚えてないが、土地並べゲーに勝利し、そのまま撲殺。
二戦目、よく覚えてないが、イソクロメモラプ作って勝利。
5-2-1

ラウンド9 アングリーハーミット(大塚氏)
日本選手権優勝者キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
一戦目、3キル
二戦目、強迫とカウンターでぼっこぼこ
三戦目、相手が早めにコンボ発動。相手のライブラリーは再活性死体発掘のみに。
ドロー、死体発掘プレイ。スタックして狡猾な願い経由でドラゴンブレスをリムーブ。
むかえたこちらの最終ターン、ドローは渦巻く知識。
プレイすると・・・対抗呪文、島、狡猾な願い!
しかし相手の場には変異がいて、悪魔の布告では勝てない。
どうする・・・・・、ここで火氷をサイドアウトしてれば・・・・・
そんな事を考えてると、「ん?そういえば・・・・」
自分の墓地を確認し、棺の追放FBで自分の墓地にある蒸気の連鎖をリムーブ。
狡猾な願いでそれを手札に加えてグールをバウンス!
ぎりぎりの勝利ですた。
6-2-1

ラウンド10 サイカトグ
いよいよここまできました。これに勝てば決勝ラウンド進出!
一戦目、息を呑む戦いの末に、サイカで撲殺。
二戦目、こちらが押し気味に試合を進める。とここで試合終了のアナウンスが。
ここでホッとしてしまったのが悪かったのだろう、相手が渾身のサイカ二体に対して、
こちらもサイカを用意するもフルタップしてしまう。相手の墓地は肥えておらず、
これで大丈夫かと思ったが・・・・相手が嘘か真かをドロー。試合終了。
6-2-2

というわけで、最終順位11位でファイナルズは終わりました。
最終戦、どうにかしてあと1点ライフを温存できたのは?
どうしてあの時あんなプレイングをしてしまったんだろう?
今思えばいろんなミスプレイばかりが頭の中に蟠ってます。
だけど、これをバネにして、来年こそは優勝できるようがんがります!
応援よろしこ!