[Home]

馬鹿なデッキの作り方

カジュアルプレイヤーの楽しみの一つに馬鹿なデッキを作る事がある。
しかし単に馬鹿なデッキを作るだけなら苦労はしない、
よってなるべく勝てる馬鹿デッキを作る為の方法論を考えてみたい。
  1. コンセプトを決める。
  2. まずは一番重要な部分、馬鹿コンセプトを決めないと方向性が決まらない。
    使われていないカードを使うも良し、奇妙なコンボを組み込むも良しである

  3. 基本となるアーキタイプ選択する
  4. コンセプトが決まったらおのずと戦い方も定まってくるものです、
    そこで次に実績のある有名なデッキからコンセプトに合った原型を選んでみましょう。
    (無の状態から新しいデッキを考えてカードを選択するよりも手間がかからず、
    尚且つ地力があり、更に新規に購入するカードの枚数を減らせて有効です。)

  5. 目的に合わせた調整をする。
  6. 原型となるデッキは当然原型の目的に添った調整がされています、
    コンセプトに合ったデッキならば最小限の手直しでデッキとして機能しますが、
    うまくいかないようでしたら選択ミスの可能性もあります。

  7. テストプレイ
  8. プロキシーなりを使用して形が整った時点でとりあえず簡単にまわしてみましょう
    作ったばかりのデッキは何度もまわしているとやはり不具合が出てくるはずです
    例)
    • 1〜2T動かない事が多くある(マナカーブに沿ってない)
    • 特定カードを引けないと動けない(カード依存/Search系やドロー不足)
    • 色が合わなくて呪文が唱えられない(マナバランスがおかしい)
    その都度、気が付いた内容にそってカードを増減して調整しましょう。

  9. 実戦
  10. テストプレイが済めば後は実戦です、相手も勝ちにくるわけですから妨害もしてきます
    結果、思うように動かない場合も多々ありますがそれも調整と思って頑張りましょう
    注)デッキには相性があるので見切る事も必要です